« テクノロジー犯罪に遭遇して2759 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2761 »

2015年9月 7日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2760

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

9月7日(月

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

14時27分

昨日片付けるはずだった雑事と、月曜の雑事が重なり今日は家のことでてんてこ舞いだ。朝から昼食時間を除いて動きっぱなしである。昨日は結構大規模な清掃作業を行いたかったのであるが、NPOの総会でダメで、本業が合間の今日にそれをずらした。洗濯に居間、書斎、寝室、廊下のクリーナーがけと拭き掃除、リサイクルゴミの整理と片づけ、不足物資の買い出しと注文等等。私独りだけなので私が全てこなさないといけないために、大変な肉体労働である。しかし結構汚れも溜まっていて、不快を感じ続けていたので仕方がない。

被害は普通に続いている。触覚被害、触覚被害ともにだ。聞こえる声もいつもと一緒、やや遠めかもしれない。

昼食はたぬきそばを調理。先週寄った宮前のそば屋さんで天かすを無料で手に入れたので、美味しいたぬきそばとなった。調理時は意外に被害は弱かった。食事時もそうだった。たまにこんなこともある。

昨日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの通常総会だった。年に一度の行事のうえ、理事の立場にとってはいろいろな意味で緊張するので、そういう意味もあってか被害の方はそれほどではなかった。司会という役割もあったので意識もかなり外向したのも良かったのだろう。

ポジションは据え置きとなり、第2副理事長のままとなる。一昨年から本業の方が多忙になり、今年からは不動産の方が悪景気となっているのも手伝って、NPOとは以前ほど親しく関われなくなってしまい、今の地位に引け目を感じているのも事実であるが、今年1年できる限りのことは実現したいと思っている。

私とまったく被害内容は同じ中国の会員の方がいらしたり、私のブログやYou Tubeを継続的に鑑賞して下さってくれている方がいたりで、被害者同志のやり取りもあった。

肝心の触覚被害の方は弱かったのだが、胃が荒れているのかムズムズとし、さらに腰痛もあってコンディションは良くなかった。

何とか無事に総会は終了し、私はすぐに帰路に着いた。大家の立場上、暑い時期に半日以上家を空けるのはかなり心配なことなのだ。

往復は地下鉄大江戸線を利用したが、行き帰り共々触覚被害がかなりひどい。車内で動き回ることはできないので、我慢している以外にない。カモの状態だ。特に帰りの電車での音声送信はうるさく、総会でのことで気に食わなかったことを野次ってきたり、私のポジションのことをあれこれとけなしてきたりで、興奮気味な声もあった。

18時前には帰宅できた。家の方は無事で安心する。被害は普通にエスカレートしだす。一休みしてから夕飯の準備。枝豆を茹で、イワシ、イカ、ナス、ゴボウとニンジンの天ぷらを揚げ、カツオの刺身を切り、鯛のカブトの半身の塩焼きを焼く。やはり尻や胸への触覚被害あり。

19時から食べ始めるが、ここからの被害は昨晩についてはそれほどではなかった。どう展開するかのことは全て向こうがイニチアシブを握っているのだ。雨天のため愛犬の散歩は中止。食後はテレビ鑑賞。

深夜に入浴、尻への触覚被害がひどい。それからは自由時間とし、You Tube等を鑑賞していた。昨晩はうたた寝ることなく、1時半頃に戸締まりと消灯を済ませ無事にベッドに入った。

5時半頃に覚醒の強要。すぐに右膝に触覚被害、そしてノイズとクズガキを始めとする声が、「金」「女」「解放」のデマを始め出す。今日はただ事ではないと思った。そのとおりで、これ以降ロクに眠れない、体は睡眠を求めている、しかし被害がひどい。今朝は一貫して股間に攻撃が集中、53歳の成人男性の股間に一体何の用事だろう。何度も微弱でありながら、不快な電気刺激ようなのを強要されては、その都度ごとに寝返りをしなければならないし、それでもダメで仕方なくその部分に指をあてがい防御しなければならなくなる。触覚被害の場合、被害部位を被害者自身で触れば防御が可能だ。しかしこれは本当に異常な光景だ。加害者は私に向い「何で女じゃないんだ~」等とやっているし、触って防御を始めると「ちっくしょ~~」等と喚いたりする。

そういう状態がずっと続いた、今朝は相当の被害レベルだったと言える。この間にも男女の声で「金」「女」「解放」のデマが流れ続けていた。「すぐのあなたのことを本気で好きになっている女性が現れて交際を申し込んできます」だの、私の面識のある女性の固有名詞も乱用される。

8時20分に起床。排尿と洗顔の間、尻への触覚被害がひどく、以降も普通に触覚被害が身体にはあった、しかし構ってなどいられない、次から次へと雑事を片づけていく、発汗であっという間にTシャツは湿りタオルなしではいられなくなる。

ということで今日はこれからも家のために動き回ることになる。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2759 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2761 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2760:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2759 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2761 »