« テクノロジー犯罪に遭遇して2773 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2775 »

2015年9月21日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2774

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

9月21日(月

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

13時19分

今日も音声送信はそれほでもないが、触覚被害はまったく健在である。ノイズも続いている。

昨日は救われた1日だった。新宿にあるお店で14時から、いわゆる暑気払いが催された。行きは新宿まで徒歩で向ったが、ここでは胸への触覚被害が続いた。胸へ手をあてがいながらの奇妙な姿勢での歩行が続いた。

しかし会場となったお店はもう人いきれが凄く、被害はすぐに遠のいた。音声送信は結構しつこく残っていたようだが、数十分で全然聞こえなくなる。それどころか隣り合わせた人や、他の顔見知りの人たちとの会話が本格的に始まり出したために、もはや完全に意識は外向状態となった。

以降は昨日に関してはもう被害者でない状態で過ごせた。目上や先輩の方々がほとんどで酔いもかなりだったせいもある。ということで被害日誌な訳だから昨日に関しては報告はここまでだ。

結局パソコン前で本格的にうたた寝てしまい、ベッドに入れたのは5時半近くになってしまった。

9時半に目覚める。今朝も被害は無し。朝はこれからもこの調子なのだろうか。こんなふうに少しずつでも良いから被害が終わってくれることをひたすら祈るばかりだ。

起床するとやはり触覚被害はエスカレートし出す。いつもと同じ部位に結構勢い良く触覚被害が続く。

彼岸になるといらしてきださる旧知の方がいらして、その方が11時頃に来訪。40分ほど世間話をし、帰宅された。この時間だけは被害はウソのように消えた。

昼食はスーパーでサンドイッチを買って食べた。今日もこれから家のことで夕方まで動き回る。夜は三鷹の友人の家で飲み食べすることになっている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2773 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2775 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2774:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2773 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2775 »