« テクノロジー犯罪に遭遇して2776 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2778 »

2015年9月24日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して2777

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

9月24日(木

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

14時42分

被害は今日も否応無しだ。相当にひどい。被害終焉などウソのウソである。午前に九段の法務局へ用事があって、出向いた。往復はクロスバイクである。行きの走行は意外にもそれほどの妨害はなかったものの、帰路は大変なことになった。右脇の下や胸への触覚被害が相当で、かなり危険な走行を強要された。いつものクズガキ人工音声を選び、胸を揉まれる触感を目白通りという大通りを走行中の強要されたのである。バカが人工音声のヒモが、本当によくやるものだ。人工音声で遊んでいるだけのクズシルエット、それが加害者当事者である。

人工音声を間に介し、向こうの意向を垂れ流しているだけだ。帰宅後、今度は隣町の塗装店に塗料のことで知りたいことがあったので、今度はMTBで出向く。ここでも往復散々な触覚被害による走行妨害だった。やはりクズシルエットはクズガキ声にベッタリである。人工音声ごとの「個」等あると思ってはいけない。そこをとっかかりにコントロールが始まってしまう。ただの玩具によるクズのジコマン遊びに強引に付き合わされているだけだ。

昼食は法務局の帰路に江戸川橋にある中華飯店で済ませた。ここでもジワジワと胸に触覚被害が続いた。

帰宅すれば胸への触覚被害が相当のレベルで続く。今日も着服が本当に辛い。

昨日は連休最後の日で天気にも比較的恵まれたので屋外で植物の世話を行なった。当然音声送信と触覚被害の下でだ。私たち被害者には普通の人が普通に得られる快適や満足が夢である。その現実を素直に受け入れ、その上で被害者としての水準の幸福や満足で我慢していかねばならない運命の下にある。そのことについてウジウジと考えてしまってはいけない。しかし希に見る運の悪さであることは確かに間違いない。

ということで被害者としての連休の最後の一日は穏やかに過ぎていった。そして夜は三鷹と吉祥寺にクロスバイクで出向いて、高校の後輩の店や同級生の店に寄ってのみ食べや談笑を楽しんだ。この時間も意識は思い切り外向し、被害者でなくいられた。

23時に帰宅し、愛犬の散歩。ここではやや触覚被害が再開し、不快な状態になった。が、以降はそれほどでもなく、2時に無事に就寝ができた。


6時50分に覚醒の強要。今朝は睡眠妨害あり。すぐにノイズとクズガキ声による送信「内山くんじゃないと…とかなんとか」等とやっている。以降は浅い眠りとなった。いつものデマ送信や介入もあり。そんな中でのうつらうつら状態だ。股間への触覚被害も始まり出した。8時45分に起床。

すぐに触覚被害はエスカレートし、ノイズもうるさい状態。最低限の雑事を片づけ、雨が降らないうちにと早めに家を出て法務局へ出向いた。以降は上記したとおりだ。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2776 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2778 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2777:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2776 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2778 »