« テクノロジー犯罪に遭遇して2794 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2796 »

2015年10月12日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2795

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

10月12日(月

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

13時14分

被害は今日もひどい。

それどころかかなりひどい人工夢や頭部への攻撃も朝にあった。

昨日も下宿スペースの清掃時間以外は触覚被害は続く、音声送信もひっきりなしというか、ほぼ途切れなく続いた。

特にひどかったのが夕方の愛犬の散歩の時間で、昨日は愛犬もやたらに匂いにこだわり、頻繁に立ち止まったせいで、相当に辛い時間となった。やはりノイズとクズガキ声を前面に出しての無軌道なエスカレートである。

夕飯はホットプレートを出して鉄板焼きとした。肉や秋鮭や野菜を炒めていただいた。その準備の時間もかなりの触覚被害に悩まされる。食事時もひどかったが、準備の時間の方がひどかったように思う。昨晩は眠くなるのも早く、それほど遅くならないうちにうつらうつらとしてしまう。

しかし完全にうたた寝ることはなく、何とか無事に2時にはベッドに入ることができた。

7時12分に覚醒の強要。いつものように交際女性が現れて等のデマから始まる。ノイズも聞こえる。ここでは何とか寝付ける。ここから見た夢がひどい。明らかに人工夢であることは見てみれば分かる、夢というのは飽くまで本人の経験や記憶に基づいて発するものであって、他からの操作で入り込んできたものはすぐに察しがついてしまう。

私はある建物にテクノロジー犯罪被害者の方々と一緒にいる、その経緯は不明、私以外の被害者の方々は、その経緯をすべて承知しているようで、そこに居て当然であるかのように振る舞う、しかし私は何故自分がそこに居て、多くの見知らぬ人たちと一緒にいるのかがさっぱり分からない、早く従来の自分の居るべき場所に戻りたいと思う一心で、しかたなく成りゆきに身を任せる。

場面は屋外に変わり、すぐに自分の居るべき場所に戻れるという確信が自分の中に目覚める、しかしその途端にハリウッド大作映画の特撮場面のような、スケールの大きい災いが発生する。巨大な入道雲のような雲が勢いよく渦巻き、そこから烈風が吹き荒れ、地平線からは洪水が押し寄せてくる。要するに間一髪の状況に陥るのだ。

そこら辺で目覚めるとそれに呼応する音声送信が語りかけてくる。そして今度は脳に奇妙な圧迫感のような感触が始まり、鬱状態のようなコンディションにされる。それを誇らし気に顕示する音声送信、この攻撃もたまらなく辛い。

そしてしばらくして元に戻ったと思ったらいつもの下半身への触覚攻撃の始まりだ。音声送信は「金」「女」「解放」のデマである。倦怠感や眠気も普通にあったのだが、激しくなる触覚被害に耐えられず9時20分に起床。

すぐに触覚被害が始まる。音声送信もいつもとおりだ。何の変化もない。今日はとりあえず祭日なので気分は緩いものの被害はひどいままだ。

昼食は焼きそばを調理。いつものように尻や胸への触覚被害に耐え続けた。食事中もである。結局はだかになっての食事となった。

今日は数日前に他界した高校時代の同級生の通夜に出向く。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2794 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2796 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2795:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2794 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2796 »