« テクノロジー犯罪に遭遇して2799 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2801 »

2015年10月17日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して2800

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

10月17日(土

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

14時

バッカス&ミューズ、2800回を迎える。2800日間よくも続いているものだ。丈夫な身体に生んでくれた両親に感謝もしたい。ということでこの人体に反応する遠隔技術に対する脅威と畏敬の念はまだまだ褪せることはないだろう。運悪く悪用される側にされてしまったものの、輝かしき未来を証明してくれる大変な技術である。今後も被害者である以上はこの記録は絶対に続くであろう。

今日も被害はひどい。起床してから触覚被害が散々である。

昨日は午後はいつものように昼食後から触覚被害が著しくエスカレート。着服が心から辛い状態になった。しかし昨日はひょんなことから古くからの住人さんと、我が家の下宿についての話しが始まり、住人さんたちの望んでいることや、悩んでいることをいろいろと知ることができた。昨日の時点でこちらが対応できることがあって、それに速やかに取組んだ。無線ルーターを取り付けてインターネットの利用を自由にしたりすることまでこなした、これによりさらに時代に対応でき、こちらも安心できた。やはりたまには色々と話した方が良いようだ。ということで午後は19時過ぎまで、下宿の設備のために働いた。この間、その住人さんと顔を合わせ続けていたので、被害からは逃れることができたし、加害者の方も何故かうろたえていて、音声送信もあまり活発ではなかった。

昼夜の食事は自炊。昼は肉そばを調理、夜は茹で枝豆、ヒレカツ、エビフライ、野菜サラダを調理。いずれも触覚被害に苦しみながらの作業となった。音声送信もこれらの時間には活発になり、ノイズも含めてやかましいことになった。

食事時もやはり辛い時間となる。どうしても無事に食事をさせてくれない。上半身への触覚被害、脱げば下半身への触覚被害である。

夕飯前に愛犬の散歩。昨日もかなり元気で、よく走った。おかげでここではダイレクトに被害に捕まることはほぼなかった。

深夜はうたた寝てしまう。しかし早めに気が付き2時半にはベッドに移動できた。

今朝は目立った妨害はなし。気づくと8時16分だった。倦怠感や眼の疲れもひどい。普通のコンディションだ。「サー」というノイズが鳴っていた。すぐにゴミ出しに出る、それから再び休む。起床は9時55分。ここまでは音声だけで済んだ。

しかし起床と同時に尻へ触覚被害がエスカレートし、以降は無軌道な状態となった。いきなりである。

音声送信はバカと制し声の綱引き。いつものやつだ。

今日は午前に歯医者で治療があった。今日は結構厄介な治療で麻酔を打っての治療で、時間もかかった。今日は治療椅子で動けないことに良いことにかなりしつこい触覚被害が続いた。身体が硬直し何事もないように振る舞うのが大変だった。

帰宅後少しギターをいじり、それからこれを記している。やはりはだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右太ももへの触覚被害に耐えている。ノイズも鳴りっぱなしだ。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2799 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2801 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2800:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2799 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2801 »