« テクノロジー犯罪に遭遇して2804 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2806 »

2015年10月22日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して2805

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

10月22日(木

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時38分

被害は普通に続いている。

昨日はデザイン仕事の顔合わせと打ち合わせのために、門前仲町との間をクロスバイクで往復した訳だが、やはり右脇の下を中心に触覚被害による走行妨害が著しかった。あとは胸と右脚にも範囲が広がることがあった。音声送信は例によってノイズを伴うクズガキ声と、それを制する数名の声が脳内で喧噪をまき散らしていた。特に行きの走行はほぼ被害が途切れることがなかった。走行はほとんどが交通量の多い国道、目白通り、靖国通り、中央通り、永代橋通りである。ただでさえ緊張を伴う運転に触覚被害が加わるのだ。理由も根拠も不明なまま危険を強要され続けている。

片道約1時間の走行だ。距離にして約15キロである。

ところが担当との打ち合わせの最中はウソのように被害は無くなる。しかし終えて独りになれば途端に再開だ。この陰湿さをどう思われるだろう。被害者が独りの時を見計らいやりたい放題の低劣卑怯なゴミ、それがテクノロジー犯罪加害者である。

やっとの思いで帰宅後、すぐにいつもの雑事を片付ける、被害はもう普段とおりに否応無しの状態。音声送信も愚か声と制し声、真っ当そうでいながらデマばかり飛ばす男女の声等。

すぐに愛犬の散歩。昨日は止まったり走ったりが交互に来る感じ。いつもの触覚被害がいつもの部位にある。立ち止まるとひどくなる。やはりノイズとクズガキ声が目立つ。

昼夜の食事は自炊。昼は卵納豆と味噌汁で簡素に済ます、夕飯は枝豆を茹で、トマトサラダ、さつま揚げと栃尾揚げを焼き、それと鯛のカブトの塩焼きを調理。いずれも触覚被害に悩まされながらの作業となる。食事時も触覚被害がひどい。結局昼夜共にはだかになっての食事だ。

深夜はうたた寝てしまうが、早くに気が付き2時に無事に就寝できた。


6時10分に覚醒の強要。ノイズが聞こえる、しかしすぐに寝付けた。8時10分頃に普通に目覚める。倦怠感と眠気がひどかったので、自然覚醒であろう。以降はうつらうつら、ノイズといつものデマ送信である。8時40分に起床。

いつもの雑事を片づけていくが、触覚被害が尻とかに始まり出し、それが始まると音声送信の制し声が愚か声に向って「止めろ!」等と制している。いつものことだ。

今日もはだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらこれを記している。右脚への触覚被害と胸を揉まれるような感触もひどい。今日もひたすら耐える以外にない。今日はいろいろと細事が重なっていて午前はその処理で終わりそうだ。

午後は主に家のリニューアル作業になるであろう。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2804 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2806 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2805:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2804 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2806 »