« テクノロジー犯罪に遭遇して2813 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2815 »

2015年10月31日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して2814

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

10月31日(土

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時55分

被害はひどい等というものではない。音声送信の柄は悪く、バカな制し声もうるさいだけだ。触覚被害は否応ない。全身の至る所で小虫が這い回っているようだ。

昨日は午前に経理作業、これは一貫してはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚への触覚被害に耐えての作業だ。

昼食はかしわそばを調理。調理時の触覚被害もかなりだったが、それほどの手間ではないので、とりあえずは凌げる。食事時もとりあえず着衣状態でいただけた。

午後はすぐに塗装作業に入ろうかと思っていたが、細かい雑事が次々と出てきてはそれを処理してから、玄関の塗装作業を行なう。ここで少しではあるが被害が緩む、しかし高所での緊張を伴う作業ではないので、くすぶるような感じで触覚被害が続いた。ノイズやクズガキ声の雑言もあった。

夜は今晩に関しては落語家の友人の舞台が練馬の文化センターであって、それに出向いた。徒歩で会場へ。やはり一貫して胸への触覚被害が続く、ずっと胸の手や指を当てて防御し続けた。会場に到着し、席に着いた辺りから被害は弱くなったものの、昨日は結構しつこく触覚被害とノイズが付きまとった。昨晩は5人の落語家さんの舞台で、前半3人の舞台までは脚や胸や背中に触覚被害があった。後半の2人、特に最後の友人の時には被害はほぼ消えた。それだけこちらも集中して鑑賞していたせいかもしれない。

それから友人から打ち上げに誘われていたので、スタッフの方々と練馬の店で楽しく過ごした。ここでは被害はなし。帰路も同じ地下鉄だったので、私の乗降駅まで一緒で談笑し続けていたせいで、被害はなし。やはり独りになって少ししてからノイズが始まり、クズガキ声から聞こえ出す。

すぐに愛犬の散歩。多少飲んでいて、ほろ酔い状態だったので、普段に比べれば被害はそれほどでもなかった。帰宅するともう1時を過ぎていた。尻への触覚被害に耐えながらの入浴を済ませ、もう少し起きていようとパソコンで動画を鑑賞したのがいけなくて、うたた寝てしまう。

次に気が付と4時である。慌てて寝室に移動し4時10分に就寝。

目立った睡眠妨害はなし。8時20分頃に自然に覚醒。やはり眠気と倦怠感がひどい。週末なのでゆっくりとし、うつらうつら状態で過ごし9時28分に起床。すでにノイズと音声送信は始まっていた。内容は被害終焉のデマが主。

起床する直前から触覚被害が始まっていて、起床すると途端にエスカレート。今日は朝から被害がひどい。

今も右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、はだかで、右脚への触覚被害に耐えている。そろそろはだかが辛い時期だ。

今日も午後は家のリニューアルに取組む。急いで進めなければならない状況にあるので、明日もこの作業が続く。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2813 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2815 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2814:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2813 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2815 »