« テクノロジー犯罪に遭遇して2825 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2827 »

2015年11月12日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して2826

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

11月12日(木

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

13時36分

被害は今日もひどい。何の変化もない。

午前は法務局に用事があってクロスバイクで往復してきた。走行妨害も普通にあり、危険な走行を強いられ続けた。クズ加害者は音声送信を少しだけ遠ざけ、それで被害終焉の雰囲気を漂わすというワンパターンのバカなやり口を今日もひけらかしている。すべてがマンネリ化し、今更なにを言ってもしても無駄なのに惰性だけで被害を垂れ流しているだけだ。

昨日はブログ更新後に進行中の仕事の校正作業を速やかに片づけ、そのデータをクライアントに戻す。この作業は一貫してはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら行なう。右脚への触覚被害も相当にひどかった。

それを終わらせてから、今度は空き室の清掃作業。現在結構な数の空き室があって、長い期間の間に溜まった汚れ等もあり、そういう汚れを清掃して行った。いわゆる3K作業で、こうなると私の加害者は遠のいてしまう。音声送信、触覚被害共にだ。とりあえず被害からの不快からは避難はできるが、今度は現実の不快とのご対面だ。でも明らかにこちらの方がマシである。人間の営みの当然の結果であり、それは自然なことなのである。結局18時半頃までかかった。それから着替えを済ませ、愛犬の散歩に出た。やはり被害は再開される。

かなりの不快だったが、昨日も愛犬は結構早足で歩き続けてくれたので、まともに被害を食らうことにはならなかった。

それからは不快に耐えながらの夕飯の調理。尻と胸への強烈なのを反応させられる。ノイズや音声送信もいつもとおりだ。そんな中で蒸しシュウマイ、チーズサラダ、あとは午前に肉屋で買ったアジフライと串カツをフライパンで暖め、あとはさんまの塩焼きを調理。毎度ながら本当によくやる。

そして食事ははだかで摂る、少なくとも最初の1時間ほどははだかである。少し寒かった。

深夜は23時半頃に書斎に戻り映画を鑑賞しようも、すぐにうたた寝てしまう。2時頃に気が付き、慌てて寝室へ移動。2時10分に就寝。

5時10分に覚醒。ノイズやデマ送信があった。しかしすぐに寝入る。今度は7時20分に再覚醒。ノイズが聞こえた。またもやすぐに寝入り、今度は8時40分に気が付いた。ぶつ切り睡眠だ。やはり倦怠感がひどい。でも今日は法務局に出向くと決めていたので、50分には起床する。被害は普通に始まり出す。音声送信もいつもと同様の人工音声たちだ。雑事を片づけ9時半に家を出た。上記したようにクロスバイク上での触覚被害が始まり出す。音声送信はノイズとクズガキ声と制し声である。右脚と右脇の下に触覚被害が集中する。その不快の中での目白通り走行となった。

法務局では被害は一斉に遠のく。ウソのような状態だ。しかし建物を出ればもとどおりだ。帰路に中華飯店でタンメンを頂く。今日の昼食だ。正午頃に帰宅。雑事片付けの再開だ。それから少し休みこれを記している。

今日は空き室の塗装作業がこれから待っている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2825 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2827 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2826:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2825 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2827 »