« テクノロジー犯罪に遭遇して2826 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2828 »

2015年11月13日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2827

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

11月13日(金

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時

被害は今日も容赦ない。今もはだかだが寒い。当然だ。でも今秋はまだ暖かい方だろう。

昨日はブログアップ以降、空き部屋の塗装作業を行なった。人気のある小部屋で、絶えず入居されていたため長期間塗装が行なえず、かなりその必要があった部屋で2度塗りをしなければならない。昨日は塗装作業中も胸への触覚被害がひどく、ノイズやクズガキ声もうるさかった。一度遠のくと小康状態となるのだが、高ぶり出すと大変である。それでも何とか塗装作業に対する集中が凌ぎ、作業そのものは続けられた。しかし大変なストレスである。だからせめてもと思い、部屋にノートパソコンを持ってきて絶えず好きな音楽を流し続けていた。音声送信は被害終焉のデマが目立っただろうか。あとはクズガキ声の愚痴や泣き言を聞かされた。

18時半過ぎまで従事。終業後すぐに着替え、愛犬の散歩。昨晩も結構活発に動き回ってくれ、ダイレクトに被害に晒されなくて済んだ。

夕飯の調理を始める。スーパーで買ったコロッケとトマトサラダ。それとポークとシイタケのソテー、ヒラマサのアラの塩焼きを調理。いずれも尻と胸への攻撃に耐えながらの作業となった。食事時はここ数日に比べると攻撃はひどくなく、ギリギリではあったが着服で摂ることができた。

深夜は書斎で映画を鑑賞するもうたた寝てしまう。しかし気がつくのが早く2時にはベッドに入れた。5時55分に覚醒。ノイズと音声送信による語り掛けがあった。すぐに寝入る。今度は7時48分に目覚める。ここ数日睡眠のぶつ切り状態が続いているが、これも攻撃であろう。次は8時半頃に目覚めるも倦怠感と眠気がひどく、すぐに起床できずにうつらうつら状態が続く。そして9時に起床。身体が重い。

すぐに触覚被害が尻に始まり出す。音声送信も聞こえる声はいつもと一緒、やっていることもだ。

今日もこれから昨日の続きの塗装作業である。寒いのでこの辺にしておく。体が冷えてしまう。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2826 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2828 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2827:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2826 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2828 »