« テクノロジー犯罪に遭遇して2831 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2833 »

2015年11月18日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して2832

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

11月18日(水

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

14時23分

被害は今日もかなりひどい。午前は買い出し等の用事や雑事が重なり、更新がこの時間になる。一貫してクロスバイクを利用したものの、走行妨害は過激というほどではなかった。

昼食は自炊し、卵納豆とヒラマサのカマの塩焼きとみそ汁を調理。今日は調理時よりも食事時の方が被害はひどかっただろうか。

音声送信は程度の低い愚か声ばかりだ。そして今朝も早朝からの睡眠妨害はひどかった。

昨日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク関連の動画のYou Tubeへのアップロード作業や、年末に催される会合のための名簿やお知らせ状の出力等の作業が続く。いずれもはだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら、右脚への触覚被害に耐えながらの進行となる。

それ以外は着服、辛い攻撃に耐え続ける。昼食はきつねうどんを調理。やはり調理時には尻や胸への触覚被害。食事時は上半身への触覚被害に耐えることになる。触覚被害はいきなりエスカレートし始めたりで予測がつかなかった。

夜は悪天候ということだったので、亀戸までは地下鉄を利用。往復の足代の640円がバカバカしい。17時半前に家を出て、18時半過ぎにいつもの打ち合わせ場所に到着。移動中はそれほどは被害はひどくなかったものの、それでも不快さは結構だった。身体の各所に静電気刺激のようなのが否応無しに走り続ける。しかし18時半以降は大丈夫だった。後半は懇親会のようになり、夕飯の飲み食べも同時なので、ある程度の酔いもあって帰路はそれほど被害を気にしないで済んだ。やはり雨が本降りとなっていた。

帰宅するも散歩は中止。以降はゆっくりと過ごす。深夜は昨晩はうたた寝はせずに1時半頃には消灯と戸締まりを済ませ1時50分には就寝とした。

4時51分に覚醒の強要。今朝もこの技術によるものだ。体感的に間違いない。程度の低い男女の声が聞こえ出し、何かと言うと出てくる住人のPさんの固有名詞が今朝は乱用される。とにかくその女性の名前さえ使っていればという感じの、安易な執着が容易に感じ取れた。

6時46分に再びはっきりと覚醒。以降、完全に眠ることはできなかった。例によって股間や膝や脚への触覚被害のやりたい放題である。どうでもいい雑言と戯言。それらがダラダラと続く。防御のために股間に素手で手を宛てがう、すると音声送信の程度の低いのが「止めてくれ~。こっちにもその感触が来てしまうんだ。だから頼む!」等とやっているが、もし本当ならいい気味である。

そんな馬鹿げた下劣な格闘めいたのが続き、結局8時37分に起床である。

すぐに尻への触覚被害が始まる、音声送信は気まぐれな感じで、近寄ったり、遠のいたり、そして何かとPさんの名前を出してきてはすぐに交際が始まる等とバカの一つ覚えである。因みのPさんは既婚者なのである。

そして以降は上記したとおりだ。

今日は今の時点で映画祭の4回目の校正を済ませたところでこれえを記しているが、ビジネス以外のところでも作業が発生し、それに取組むことになる。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2831 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2833 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2832:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2831 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2833 »