« テクノロジー犯罪に遭遇して2833 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2835 »

2015年11月20日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2834

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

11月20日(金

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時27分

被害は今日もひどい。触覚被害と程度の低い音声送信とノイズ。いつもと同様だ。

昨日は一貫してはだかで作業に取組む。高い報酬は望めないものの、大切なお知り合いのための制作及び出力業務が午後は続く。パソコンで招待状の作成、そして大量の往復はがきへの印刷、宛名ステッカー貼り、二つ折り作業に一人で取組む。途中プリンターのトナーが無くなってしまい、新宿に量販店まで出向いたりもした。その往復の際にも一切被害は途切れない。バカなだけのクズガキ人工音声とノイズ、愚か声の介入等。

書斎ではほぼはだかでの業務、印刷中は立ち作業のため、着服したものの、否応無しの触覚被害に耐えに耐えることになる。さすがに寒いし、私の書斎の窓は透明ガラスなので、隣からの人目の問題もある。

しかしそれ以外は全て座業なのではだかになり、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、下半身への触覚被害に耐えることになる。寒さで身体が冷えると着服し、身体を暖める訳だが、今度は触覚被害のエスカレートである。ひどい場合は着服しても下半身への攻撃もある。

何とか19時頃には作業を終え、近所のポストにまとめて投函し終業となる。すぐに愛犬の散歩。やはり散歩妨害はあったが、過激なほどではなかった。帰宅し夕飯の準備。

生ハムとチーズのサラダと、牛肉の赤ワイン煮を調理。胸への触覚被害がエスカレートし、クズガキ声が喧しい、ノイズもだ。愚か声が「何が牛肉の赤ワイン煮だ~!」等と喚き散らしている。少しハイカラなことをするといつもこうだ。実は明後日に親しい友人たちを招いて夕食会を予定していて、そのメニューのリハをしただけだ。しかし、程度の低い犯罪者にはその場限りのことしかアタマにない。

食事中の妨害もいつもとおり。上半身と右脚へひどい触覚被害を反応させられる。

深夜は多少うたた寝たものの、意識は比較的はっきりしていて、動画を鑑賞していた。2時40分に就寝。

6時7分に覚醒の強要。今朝も睡眠のぶつ切り攻撃らしい。ノイズといつもの軟弱男の声が「この技術を利用された多くの人がガンにさせられる」等とほざいているのが聞こえる。

7時15分に再覚醒。以降は半覚醒状態になる。やはりいつもの股間への触覚被害が始まり出す、向こうでしゃがれ声が「何でこいつ、女じゃないんだ~」等と喚いている。私が女のつもりで股間に刺激を与えているという設定をつくっている訳だ。他胸にも猥褻触覚被害あり。ノイズや制し声も聞こえる。

あまりにしつこいので、仕方なく素手で股間に手をあてがって防御。すると向こうのしゃがれ声が「畜生」等とほざいている。そんなことのくり返しだ。一体この低劣さは何だ。


今朝もそんなバカげた騒動に付き合わされ8時25分に起床。

すぐに触覚被害は始まり出し、音声送信もいつもと同様の展開だ。そんな中で雑事片付け。

そしてはだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶をはさみ、下半身への触覚被害に耐えながらこれを記している、とにかく寒いのでこの辺にしておく。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2833 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2835 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2834:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2833 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2835 »