« テクノロジー犯罪に遭遇して2835 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2837 »

2015年11月22日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2836

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

11月22日(日

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時57分

今日も被害は普通に続いている。

昨日は夜に私にとって大切なお知り合いを招いての食事会となった訳だが、その準備にひたすら奔走し続けた。献立とおりの食材の買い出しと調理、清掃や整理等等、それらを一人で片付けなければならないのでまさに奔走という感じで、あっという間に夕方になってしまう。ひたすら立ち続けの動き続けで普段よりも緊張と集中度が高い1日となる。自分が慣れていることでの緊張感ではないので、独特の緊張ということも手伝ったのか、被害の方は普段よりかは軽かった。しかし合間にお茶を飲んで一服とかをすると、途端に触覚被害がエスカレートしたりもした。

夜に知りあいが来訪し、飲み食べが始まってからは被害者でなくいられた。おかげで食事会の方は上手く行き、深夜まで談笑して過ごせた。

以降はひたすら後片付けに追われた。一息ついた頃には1時を回っていた。少し休み、それから入浴し2時には就寝とした。被害は遠かった。

そして8時10分頃に気が付く。今朝はまったくと言って良いほどに睡眠妨害はなかったようだ。ノイズだけが聞こえる、そして昨日の疲れがどっと出たようにもの凄い倦怠感である。とても起床ができない。以降はうつらうつら状態となる。結局起床できたのは9時50分頃、溜まりに溜まった疲労が爆発したかのようだった。

起床すると途端に尻への触覚被害が始まる。ノイズも普通に続く。音声送信は遠めではあるが、聞こえるのはいつもの愚か声と制し声である。

いつものように雑事を片づけ、それが一段落してからこれを記しているが、やはりはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらこれを記している。

今日は午後はい織田橋にてNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの理事会となっている。往復はクロスバイクを利用する。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2835 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2837 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2836:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2835 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2837 »