« テクノロジー犯罪に遭遇して2839 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2841 »

2015年11月26日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して2840

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

11月26日(木

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時06分

被害は相当にひどい。程度の低い情けないキャラクターとクズガキ声等がうるさいし、触覚被害はやりたい放題である。この寒さの中着服は無理、仕方なく電気ストーブを出し、はだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらこれを記している。とてもじゃないが暖房無しでは無理だ。凍えてしまう。はだかになっても右胸や下半身への触覚被害が続いている。ノイズも延々だ。

昨日は記した通り、午後は一貫して空き室の塗装に取組んだ。塗装作業は身体をそれほど動かさないので、触覚被害のカモになる。ということで昨日も相当の触覚被害に耐えながらの作業だった。音声送信、ノイズもずっと続く。ラジオを持っていったので、そちらに関心を寄せるようにして音声送信は遠のかせた。とにかくひどい触覚被害だった。脚立に乗って作業をすることだってある訳で本当に危ないこともあるのだ。胸、尻、右脚が特にひどかった。音声送信はデマや戯言や介入である。

18時過ぎまで続け、そこで終業。今度は愛犬の散歩に出る。散歩妨害も相変わらずで、立ち止まるとひどいが、愛犬は昨日はよく歩いてくれた。昨日からいきなり寒くなり北国の犬である愛犬にとっては過ごしやすい季節の到来のせいなのか、動きも軽妙になってきていた。

帰宅後夕飯の準備。

昼夜の食事は自炊。昼はビーフカレー、夜はホロホロ鳥の串焼き、トマトサラダ、石鯛のかぶと焼きを調理。いずれも無事ではない。胸や尻への触覚被害に耐えながらの散々な状況での炊事である。

食事時も特に夜がひどい。カレーのときには大人しいことが多く、昼はまだ救われた。夜はよほど脱ごうかと思ったが、とてもじゃないがもう無理だ。耐える以外にない。

その中で映画を鑑賞。結構面白い作品だったので集中できた分救われた。

深夜はうたた寝ることなく2時半に就寝。

7時35分に覚醒の強要。まだ眠れた方か。「サー」というノイズとデマ送信。

8時40分頃にはっきりと目覚める。倦怠感が凄い。それからうつらうつら、ノイズやデマ送信が続く。弱い触覚被害あり。9時05分に起床。

と同時に脚への触覚被害が始まる。

今日は被害は活発だ。午後は銀行に用事があり、他にも細かい仕事、そして家の修繕・清掃作業に取組む。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2839 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2841 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2840:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2839 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2841 »