« テクノロジー犯罪に遭遇して2854 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2856 »

2015年12月11日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2855

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

12月11日(金

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

9時46分

被害は今日もかなりひどい。ベッドの中からである。音声送信はいつものデマの垂れ流し、亡父が加害者等とクズらしい罰当たり送信もあったりした。

昨日は一体何度服の着服を繰り返したか、記したとおり終日書斎で広告の制作業務だったが、それだけでは済まされないのだ、その都度ごとに服を着ては動き回り、そしてパソコン前でははだかのくり返しである。はだかになれば絶対に右脚への触覚被害がエスカレートする。どれだけの刺激を右脚(太もも、膝、ふくらはぎ)に強要されたか、それはもう大変なものだ。あまりの刺激のリアルさに業務を中断し被害箇所に手をあてがうことになったことも数度あったほどだ。ノイズは鳴り止まず、クズやゴミ人工音声の呼応や反応、無駄なだけのクズ偽善制し声、それらが脳内に入り乱れていたのもいつもとおりだ。


昼夜の食事は自炊。調理時における妨害も相当なものだった。昼はかしわそば、夜は鱈の粕漬け、チーズトマトサラダ、肉野菜炒めを調理。そして昨日は特に夕飯時における触覚被害が相当で、本当によく耐えたものだと思う。ひどいと思う度に、ゴミ声が「何で君がこんな目に遭うのかというと…」等と得意げにデマを垂れ流す。

昨日も19時に終業し、それから愛犬の散歩。やはり昨日も愛犬の動きは不自然で、本当に操作を疑ってしまう。何もかもがこの壮絶な技術によって操作され、メチャクチャにされる人生だ。本当によく普通に生きているものだと思う、自分が闘士のように思えるときもある。

とにかく操作できる装置があって、それを操作している者が居ることだけは絶対だが、それ以降のことについては皆目不明だし、人工音声如きが飛ばすホラに振り回される方が異常である。

尻への触覚被害に耐えながらの入浴を深夜に済ませ、それから門限の時間まで何とか起きていられ、You Tubeで動画を鑑賞していると2時半を回ってしまった。2時50分に就寝。

5時57分に覚醒の強要。ここ数日とは違い多少の覚醒度だ。例によって音声送信は「金」「女」「解放」のデマを飛ばしている。飽きもせずによくやるものだ。どうにかなると思っているのだろうか。ノイズもうるさい。

気が付くと寝入っていて次は7時00頃に目覚める。肝臓へおかしな感触。小用に立つと尻への触覚被害あり。「サー」というノイズが続き、ここで亡父が実は加害者で等と始めるクズ声あり。所詮は人工音声である。ウンカの羽音の方がずっと尊い。

またもやうつらうつら。次は8時半に目覚める。今度は股間への触覚被害あり。音声送信はデマに次ぐデマ。ここからはまた、うつらうつら、ここ数日に比べれば倦怠感は大したことはなかった。9時に起床。珍しく土砂降りの雨だ。

触覚被害とノイズと下らないだけのゴミ送信の下で雑事片付け。

そしてはだかになり、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら、さらに右胸への触覚被害に耐えながらのこの記録だ。でも今日はまだ寒さが緩い。

今日も広告制作である、今日中に初校を依頼主に送信しなければならない。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2854 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2856 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2855:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2854 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2856 »