« テクノロジー犯罪に遭遇して2861 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2863 »

2015年12月18日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2862

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

12月18日(金

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時42分

被害は今日もひどい。それとは裏腹に音声送信は「もう終わる、騒がせたお礼に何か良いことがある…」等とやっている。そして意志薄弱な愚か声も登場させ、そういうのはいつまでも悪用を止めない等との送信もある、そして「サー」というノイズとクズガキ声の戯言も聞こえる。

昨日はあれから書斎にて制作業務。一貫してはだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら進行した。右脚には絶えず触覚被害があり、はだかになっても右胸への悪寒が発生するほどの強い触覚被害も強要された。さらに脚にジリジリとした電気刺激のようなのも強要された。当然寒い。ストーブは点火しているものの、もう本格的な冬である。これから数ヶ月が大変だ。身体は冷え、すぐに下痢を起こしたりかじかんでしまう。

18時過ぎには何とか終業。すぐに愛犬の散歩。昨晩も愛犬は何かと立ち止まり匂いをクンクン嗅いでいたせいで、触覚被害をストレートに受けることになり、だんだんとイライラしてしまう、かと思えばいきなり全力疾走である。こうなると被害は遠のく。

帰宅後夕飯の準備、青森の親せきから干物が送られてきたので、せっかくなので七輪を出して焼物にした。カレイや赤魚やイカを長ネギとかと焼いて楽しんだ、他カブと油揚の炒め煮も調理。調理時にはやはりひどい触覚被害である。尻や胸の否応無し。

19時半から食べ始めたが、こういう機会を見逃すような加害者ではない、やはり相当の触覚被害を強要してきて、こちらの楽しみを壊そうとする。触覚被害、ノイズ、介入声の連動はひどくなった。

何とか味わうことと、TVへと意識を持っていき、被害は被害として割り切る以外にない。もうこちらも被害者としてはベテランである。

深夜はうたた寝ることなく無事に2時25分には就寝となった。この時間になっても「サー」というノイズは途切れない。

5時50分に覚醒の強要。ノイズが聞こえ音声送信が始まる。「何事もなかったことにして…」等とやっている。すぐに寝入る。

次は8時10分に目覚める。ひどい倦怠感だ。これもどうやら攻撃らしい。ノイズが聞こえる、以降はうつらうつら状態。音声送信はいつもの被害終焉や交際女性出現のデマ、8時55分には起床。今日は午前に大切な作業がある。

すぐにいつもの雑事を片付けるも触覚被害も結構なレベルで始まり出す。ノイズや音声送信もいつもと同じ声であり、善悪が聞こえ問答をやっている。

今日も午後は空き室の塗装とその後始末や細部の掃除などを予定している。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2861 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2863 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2862:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2861 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2863 »