« テクノロジー犯罪に遭遇して2877 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2879 »

2016年1月 3日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2878

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月3日(日

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

12時11分

被害は今日は特にひどい。起床してからやりたい放題の感がある。そして音声送信は例によってこういう場合はいつもそうだが、「もうすぐ本当に終わる、だから頼むからやらせてくれ」等と言うのが飛んでくる訳だ。ひどい攻撃であればあるほどこういう音声送信と連動させる、そして「すべてが終わったら何か良いことがあります」等と言う子供騙しのクズ送信も大体セットになっている。今朝は何かと「大金持ちになって若い美しい女性とすぐに交際が始まって…」等とクズ送信が目立つ。これを10年やられているのだ。2006年から「もうすぐ、すぐに、本当に」を頭に持ってきての触覚被害のやりたい放題である。

昨日はやはり元旦同様に過激なほどに触覚被害がエスカレートすることはなかった。伸び伸びと過ごしていると本当に攻撃は穏やかになる。今日3日がかなりひどいだろうか。しかし起床してからだが。結局はあと数日で元通りになることは明白なのだが。

ということで昨日もうたた寝てしまい、3時50分にベッドに入った。


9時半頃に半覚醒状態で目覚める、目立った睡眠妨害はなかったようだ。それにしても大変な倦怠感だ。何でここまでひどい疲労感があるのだろう。それを痛感すると愚か声が「この技術から寝ている間解放しているからだよ」等と送ってくる。以前までは眠っている最中にもこの人体に反応する遠隔技術を使用し続けていて、連続睡眠時間が2時間くらいでも平然と起床できるように調整していたのだという。実際そのとおりだったから仕方がない。自分は本来6時間寝るのが長い間に日課だったので、2~3時間睡眠ではもたないのが自然だった。要するに睡眠が必要なタイプの体質だったのだ、それが本当に2~3時間睡眠が続いても全然ピンピンしていたことに驚いていたのも事実だ(このブログにそれは記録されている)。それがこの人体に反応する遠隔技術による覚醒作用ということになっていたようだ。その反動を今食らっているようにも思える、そのくらいに本当にひどい倦怠感だ。

元旦ということで起床は10時45分とさせてもらった。本当に終日眠っていられそうだ。


起床と同時に被害はエスカレート。触覚被害がひどい。排泄のため洋式トイレに腰掛けた途端に背中から人が抱きついてきて、肩越しに私の顔を覗き込む感触と感覚。あまりにリアルで、仕方なく上半身はだかになってしまう。要するに全裸状態ということだ。そうでもしない限り被害から逃れられないのだ。

以降もべったりと誰かが抱きついてくるような感触を強要され続けている。この記録もはだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら行なっている。暖冬とはいえ、はだかは当然寒い。指もかじかんでいる。辛いので記録はこの辺にさせてもらう。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2877 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2879 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2878:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2877 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2879 »