« テクノロジー犯罪に遭遇して2879 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2881 »

2016年1月 5日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して2880

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月5日(火

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時10分

今日も被害はひどい。今も右膝へのかなりひどい触覚被害に耐えているし、はだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟んでいる。ノイズもずっと鳴り続け、音声送信だけは白々しく静かである。

昨日も終日しつこい触覚被害に耐え続けた。平日に比べればまだマシとはいえ、要所要所ではかならず触覚被害がエスカレートする。特に食事の開始時がひどく、ここは耐えどころであった。

夕方の愛犬の散歩時もやや穏やかだったとはいえ、妨害はあった。音声送信も普段以上に軟弱なキャラクターを制し声が戒めるようなのが頻繁に聞こえたものの、だからといって触覚被害が無かったかといえば、それは違う訳でもう耐えている以外になかった。

深夜はうたた寝てしまい、ベッドに入ったのが4時過ぎとなった。

8時05分に覚醒。今朝も目立った睡眠妨害はなかったのだが、倦怠感がとにかくひどい。以降はうつらうつら。音声送信、触覚被害は多少あった程度。今朝も少し多めに休み10時10分に起床。

以降雑事片づけ、一段落したところでこれを記している。右脚への触覚被害があまりにひどく今はズボンも脱ぎ下着一丁の状態だ。とてもではないが耐えられないのでこの辺にさせてもらう。今日はこれから浅草方面まで初詣に徒歩で出向く。4日間の鈍りを取りに行くの目的だ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2879 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2881 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2880:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2879 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2881 »