« テクノロジー犯罪に遭遇して2885 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2887 »

2016年1月11日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2886

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月11日(月

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時20分

被害はまったく変化なしに続いている。音声送信は「金」「女」「解放」のデマ、すぐ興奮するバカなしゃがれ声、クズガキ、どっかの中学生みたいな干渉声、制し声等がうるさい。触覚被害も起床と同時に否応無しだ。

昨日は午後から動きっぱなし状態となった。それでも合間を突くように触覚被害が続いた。但し下宿スペースの生理的に汚れている場所の清掃時間だけは、ウソのように被害が消える。清掃終了後は、落ち葉を吸い取る大型の吸引機があり、それを使用して積もり積もったケヤキの落ち葉を処理していく、大変な音と一緒にほこりも巻き上がるため、すぐにズボンがほこりまみれになる。しかしほうきで掃くよりかは遥かに迅速に落ち葉が片付く、さらに粉砕してくれるので腐葉土をつくりやすいのだ。それを屋上を家の周りで使用した後、今度は吸引機で取りきれない落ち葉を丁寧に片付けていった。こういう穏やかな作業になると触覚被害がひどくなる。胸や脚や他の部分に否応無しに触覚被害が走り続けるがとにかく動き回っているので、不動の状況に比べればマシである。さらにすぐに片付けなければならない作業に夢中になっているので、それも救いになる。ノイズや音声送信もずっと続いている。

すぐに暗くなってしまうが、外灯を点け18時過ぎまで作業を続け、何とかノルマを果たせたので終了とし、着替えを済ませ今度は愛犬の散歩だ。路上に落ちていたものを無闇に口にしたので、私に厳しく叱られ、それで萎縮してしまったのか、すぐに帰宅。しかしいつものこの時間特有の触覚被害が結構ひどくあった。

帰宅すると18時45分頃だ。すぐに夕飯の準備。

手巻き寿司と七輪でホッケの干物を焼いたりしたが、その準備を急いで進めるも触覚被害による妨害もひどく、本当に辛く不快な状況の中で進める。音声送信もノイズとどう考えてもバカとしか思えないような人工音声が加入してきたり、何で私がこんな目に遭うのかとか、どうしたら助かるかなどを思いつきで喋っていたりした。30分ほどで準備が整い19時15分頃から食べ始めた、触覚被害がやはりひどい、が、過激なほどではなかった。晩酌もしていたので後半は酔いも手伝い、多少は軽減してきた。

深夜はうたた寝、しかし気が付くのも早く2時35分に就寝。

7時50分頃に起床。感触から自然覚醒のようだ。急いでリサイクルゴミを出しておき、それから再び休む。攻撃としての倦怠感は感じず、恐らく自然な疲れがあって、祭日ということもあって遠慮なく休むことにし、10時8分に起床とした。すでに音声送信は始まっている。

起床と同時に尻への触覚被害。すぐに朝シャワーを浴びたが、尻と右膝に触覚被害。それから普段の雑事を片付けていくが、触覚被害もエスカレートしひどい不快の下で進めることになった。

そして一段落したところでこれを記しているが、はだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの作業だ。やはり寒い。

今日は午後は昨日に引き続き主に屋外の清掃や整備作業に取組む。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2885 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2887 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2886:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2885 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2887 »