« テクノロジー犯罪に遭遇して2890 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2892 »

2016年1月16日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して2891

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月16日(土

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時26分

被害は普通に続いている。

昨日は更新後、書斎で物件のPRシートのデータ修正と刷り出し、それともう1バージョンのシートを作成、ずっとはだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの作業となる。ストーブを点火していると言ってもはだかは寒い。当然だ。だから冷えてしまったと思ったらすぐに着服し、今度は家の日常雑事を片付ける、ゴミの収集や預かっていた荷物を住人さんに届けたり、いろいろとあるのだ。そしてまた書斎に戻ってはだかになっての制作作業を再開、そのくり返し、身体が冷えたり暖まったり、これは本当に良くないことなのである。そういう意味では強健な身体に生まれて良かったと言える。

18時過ぎに終業し、すぐに徒歩で江古田までヤボ用を済ませに出掛ける、やはり胸へのいつもの不快な刺激が走り続ける。指や拳を絶えずその箇所にあてていないと耐えられないほどだ。ノイズとクズガキと制し声の喧噪も続く。

帰宅後すぐに愛犬の散歩。昨晩は歩き優先な上、近所のレトリバーと戯れることができて、まずまずの散歩となった。しかし触覚被害はいつものようにあった。

帰宅後すぐに夕飯の準備。やはり触覚被害が胸や尻にしつこい。その状態で餃子、キャベツと油揚げの炒め煮。板ワサ、芝えびの素揚げ、鯛かぶとの塩焼きを調理。20時から食べ始める。やはり触覚被害はいつもの上半身、特に背後からの抱きつき感触がひどかった。

深夜はうたた寝なしで1時50分に就寝。ノイズがまだ続いていた。

6時05分に覚醒の強要。ノイズが聞こえる。次は7時15分に覚醒。ノイズと軟弱そうな女声の音声、「内山君が弱いからやられる」だの、つべこべと好き勝手に喋っていると厳しく制し声に抑えられ遠のいていった。肝臓にも妙な感触が走り続ける。覚醒度が結構高く寝付けない、しばらくするとまたさっきの女の声が適当な思いつきでデマのまき散らしだ。それでも何とか寝入っていて、9時過ぎに寝覚める、今度は眠気がひどい。いろいろと調整しているのか。9時35分に起床。

いつものように触覚被害と音声送信が始まる。しかしまだ無軌道なほどではない。しかしはだかにされているために身体が冷え下痢してしまう。

今日は園芸方面での土替えとか鉢替えとか剪定とかの作業の予定だ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2890 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2892 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2891:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2890 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2892 »