« テクノロジー犯罪に遭遇して2894 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2896 »

2016年1月20日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して2895

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月20日(水

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時26分

被害は今日もひどい。そして寒い。

昨日は午後は思わぬ肉体労働と塗装作業となった。庭木を支えていた構造体がここ数日の荒天のおかげで壊れてしまい、今度は鉄パイプで造り直したのである。倉庫から鉄パイプとクランプを移動し、それを組み立ててく作業である。場所も中屋上で、そこまで重いパイプとかを移動しなければならず、組み立て作業もすべて独りで行なわなければならなかった。当然危険も伴う訳で、道路に人が通行していないかを絶えず確認していなければならない。隣が幼稚園なので余計に神経を使う。90分ほどかけて何とか仕上げることができた。この寒さの中で結構発汗してしまった。

さすがにこういうハードな作業になるとこちらも緊張するせいか被害は遠のく。

それから一休みして塗装作業である。この休憩時間から触覚被害は一気にエスカレートしだす。そして塗装作業を間はひたすら我慢である。とにかく胸に尻に脚にやりたい放題といった感じだった。ノイズや音声送信もいつもの浮ついたキャラクターたちの独壇場である。

本当に相当の触覚被害で、人の手や皮膚が私の身体の至る所に直に接触し蠢く、体温や湿気まで感じられるのだ。その気色の悪さといったら大変なものなのだ。

不思議なもので塗装作業でも身体をよく使っているのか、比較的薄着で暖房が無くても大丈夫である。結局19時まで続け、終業してすぐに愛犬の散歩。寒さがひとしおになってきた。これでやっと冬といった感じだ。着ているものもやっと冬装備になった。本当数日前までは秋のジャケットでも大丈夫だったほどである。

やはりいつもの散歩時特有の触覚被害あり。立ち止まると瞬時に捕まる。ノイズやクズガキ声もうるさい。

帰宅後夕飯の準備。餃子、海鮮物とキャベツとキノコのトマト煮を調理。調理時にはいつもの触覚被害による調理妨害。20時からの食事時もダメ。やはり上半身への触覚被害あり。

深夜は映画を鑑賞。結局書斎のパソコン前でうたた寝てしまい、無事にベッドに入ったのが4時15分である。

8時45分に昨日に引き続きドアベル送信で起こされる。再び横になるとものすごい倦怠感。それを感じるとさらに倦怠が増したのを感じ取れた。これもコントロールできるのだろうか。だとすればこれもかなりの攻撃となる。もう少し休み9時15分に起床。

すぐにシャワーを浴びる。やはり尻と右膝へこの時間特有の触覚被害。

それからいつもの雑事片付けだ。触覚被害と音声送信は普通に始まっている。そしてはだかでインスタントコーヒーの空き瓶を右脇の下に挟みながらのこの記録。とても耐えれないのでセーターを一着羽織っている。このくらいは大丈夫なようだ。

今日は午後はレギュラーワークの、高校の会報誌の第一回目の会議が三鷹で行なわれるのでそれに出席してくる。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2894 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2896 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2895:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2894 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2896 »