« テクノロジー犯罪に遭遇して2906 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2908 »

2016年2月 1日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2907

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

2月1日(月

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時34分

被害は今日も相当にひどい。今もはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、下半身へのひどい触覚被害に耐えながらのこの記録だ。当然寒い。

昨日は16時以降は高校の友人たちに救助され、以降はひどい被害に見舞われずに済んだ。

問題はそれまでで、夕方になると加害できないことが分かっている、犯罪人どもの下司な根性が発揮された。普段以上にメチャクチャなエスカレートを強要された。とにかく吉祥寺の会場となっていた店に到着するまでは被害三昧だったということだ。

帰宅も21時頃だったのだが、酔いもあってそれほどの被害を感じずに済んだ、そんな状態で愛犬の散歩。普段よりかは被害に苦しまずに済んだ。うたた寝ることなく2時半に就寝。

7時20分頃に目覚める。ノイズが鳴っている。音声送信は軟弱な男の声で、「内山君、絶対に何とかする」等と10年に亘って言い続けている戯言を今日も繰り返している。今日も起床妨害は健在。以降はうつらうつらで、それでも何とか9時13分には起床。

早速尻への触覚被害がエスカレート。音声送信もいつもと同じ声たちである。そんな中で月曜の朝の雑事を片付けていく、洗濯や家中のカレンダーをめくったり、リサイクルゴミを出したり、ペットの餌替えや下の片づけ等等。それらを一通り片づけてこれを記している。

今日はこれから食材の買い出し、午後は下宿スペースの清掃。それと恐らく現在進行中の事業報告書の校正作業に取組むことになる。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2906 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2908 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2907:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2906 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2908 »