« テクノロジー犯罪に遭遇して2908 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2910 »

2016年2月 3日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して2909

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

2月3日(水

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時29分

被害は否応なし。辛い日々が延々と続く。

昨日は午後は中野まで用事があって徒歩で往復。やはり歩行時特有の触覚被害が胸に延々と続く。

帰宅後今度は銀行に用事があって出向き、それからすぐに書斎でデザイン業務。当然はだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらだ。寒いに決まっている。下半身への触覚被害に耐えながら作業を進行。ノイズも延々。こちらの精神的コンディションに依存しきる寄生虫根性も相変わらずである。テクノロジー犯罪加害者は被害者のヒモということだ。

案出と校正は順調に進み、18時半には終業できた。すぐに愛犬の散歩。夕べは少し軽装備で出たせいか、寒さもひとしおで、その分被害の方は少しだけマシだったかもしれない。それでも何かと立ち止まってはクンクンと路面の匂いに拘る愛犬に愛想を尽かし、後半はとてもじゃないが、付き合ってやれず少し強引に引っ張っての散歩となった。これ自体が操作のような気がしてならない。わざと立ち止まらせ、触覚被害のやりたい放題状態のさせる加害行為である。

昼夜の食事は自炊。昼はたぬきうどん。夜はイワシ塩焼き、カキとネギとシイタケのバター炒め、フキと厚揚げの煮物。赤貝の刺身とあさり汁である。昼の中野行きの途中、新井薬師で安い魚屋を偶然に見つけたのである。

調理時の妨害は相変わらず。昼夜共に胸や尻への触覚被害に耐えながらの炊事である。食事時も被害はひどい。特に夕飯は時間をかけて食べるために被害も念入りだ。どうやったらあそこまで気色の悪い感触を思いつくのか。時折力まかせで拳固を被害箇所に放つこともあるほどだ。何か気色の悪い物体が上半身全体に触れながら蠢く。生温い熱もある。脱げば防御できるが、あいにく居間はそれほど暖房が効いていない。だから我慢する以外にないのだ。音声送信はバカなクズキャラクターをあえて登場させ、何故これをやられるのかとか、被害終焉のデマを垂れ流す。そしてノイズである。

深夜は1時まで起きていられずにうたた寝てしまう。気づくと3時50分である。すぐにベッドに移動。

次に気が付いたのが9時少し前。身体が動かない。今朝は強烈な起床妨害。もの凄い倦怠感である。ノイズが聞こえる。本来なら起床していなければならないのだが、とても無理だ。絶対に血圧を下げられている。次に気が付いたら10時を過ぎていた。それでも相当辛い。音声送信は途切れ途切れにあり。結局10時20分に何とか起床。すぐにシャワーを浴びる。何とか目覚めるもだるさが残っている。すぐに雑事片づけだ。触覚被害、音声送信共に普段通りだ。午後にコンディションが安定すればいつもの展開だろう。

今日も午後は表紙案出作業、歯医者治療、時間が余れば確定申告作成作業に取組む。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2908 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2910 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2909:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2908 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2910 »