« テクノロジー犯罪に遭遇して2912 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2914 »

2016年2月 7日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2913

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

2月7日(日

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時11分

被害は今日も散々である。音声送信、ノイズ、触覚被害である。音声送信は謝罪をしながらも、絶対に止める訳にはいかない等とほざいている。

昨日はあれから夕飯とした。冷凍保存してあった餃子を焼き、アジを卸し刺身、昼に調理したポテサラ、余り物の煮物等をいただいたが、やはり台所に立つとその時間特有の妨害が発生し苦しむことになる。19時半頃から頂くがやはり触覚被害がひどい。これもこの時間特有のものだ。背中から人が抱きついてくる。そして右脚にも凄い触覚被害である。音声送信による介入も絶えない。しかし好きな番組を放映していたので、何とか意識はそちらに持っていけた。

深夜は少しうたた寝てしまった。2時10分に就寝。

5時45分に覚醒。パチリと目覚め、倦怠感もない。しかしすぐに寝入ってしまう。

次は8時半頃に目覚める。今度はかなりの倦怠感だ。以降はうつらうつら。「サー」というノイズが続く。休日なので休むことにし、10時に起床。

すぐに尻への触覚被害がエスカレートする。意識を加害者側に向けながら力まかせに数度尻をひっぱたく。途端に情けない声が「ごめんなさい」等と詫びてくる。以降は尻だけでなく、全身の至るところに触覚被害がザワザワと広がり、気色の悪い物体が這い回るような感触や、人が抱きついてくる感触等。

そして今がはだかになって、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらこれを記している。今日もこれから下宿スペースの清掃やら、買い出しなどが待っている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2912 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2914 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2913:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2912 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2914 »