« テクノロジー犯罪に遭遇して2934 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2936 »

2016年2月29日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2935

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

2月29日(月

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時07分

被害は今日も続いている。

昨日も被害に悩まされ続けた1日だった。尻に何かと被害が集中した。

午後は下宿スペースの清掃を行なう、また人数が増えてきたので、清掃にも入念さが必要になる。汚れ易い場所は週に2~3度は清掃の必要があろう。

昨日は被害は結構しつこく、汚れのひどい場所の清掃以外では、身体の広い範囲に触覚被害があった。さらにノイズから超音波のような音にを変え、「いよいよ本当に終わりになる」等の猿芝居をやっている、こんなのは週に1~2回はあるワンパターンの茶番劇に過ぎない。日曜午後にやられることが多い。

清掃以降は家の雑事、庭や家の周囲の清掃、台所の清掃、そして夜には新しい住人さんの契約を連帯保証人の方を挟んで行なう。夕方の予定が少し遅れたようだ。

途中夕飯の準備。手巻き寿司と野菜の煮物を調理。この時間は以前に比べれば被害は緩くなっている。

20時半頃からいただく、妙に風味を感じる。それを意外に思うと女の声が、「今まで本当にすみませんでした、あなたを強くやっかんでいるのがいて、あなたが飲み食べを好きなのを知っていて、嗅覚や味覚を鈍くするようにしていました。いつも飲むコーヒーの風味を感じないのもその男のせいです。でももうこれからは普通になります」等とやっている。これは思いつくところだ。確かに15時頃に常飲しているコーヒーの香りが感じられないのを、随分以前から妙に思っていた。知らない間に嗅覚操作をされていたということだろう。

ということで妙に風味を感じるのではなく、普通に風味を感じていたということだろう。果たして音声送信とおりにこれから「普通の味嗅覚」で過ごせるのだろうか。

深夜はうたた寝、何とベッドに入ったのが4時50分である。


8時50分頃に目覚める、倦怠感強し、本当に昨秋までとは大違いだ。昨秋までは、この人体に反応する遠隔技術を覚醒剤として利用されていたので、2時間くらいの睡眠でも、驚くほどの覚醒度で起床ができていた。その状態が私の記憶する限り、2010年位から続いていた。今その反動を食らっているような感じだ。並大抵の倦怠感ではない。結局起床は9時35分。それもやっとの思いでだ。

すぐに尻への触覚被害。入浴するとやはり尻への触覚被害。

以降はいつもと同様だ。

ノイズが続き、音声送信も普通に聞こえ、絶えずこちらの内面コンディションの監視、そしてコンスタントに発生する触覚被害。

今もはだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらのこの記録である。

今日は午後は、今春北海道新幹線が開通する、青森の今別駅で発行するという記念ハガキの案出作業に従事する。あとは経理の作業も続くかもしれない。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2934 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2936 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2935:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2934 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2936 »