« テクノロジー犯罪に遭遇して2940 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2942 »

2016年3月 6日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2941

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

3月6日(日

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

12時31分

被害は今日も相当にひどい。尻や右脚への集中攻撃である。ノイズやチンピラ音声もうるさい。

昨日は午後の前半は仕事に明け暮れた。一昨日いきなり発生した案件を片付けた。一貫してはだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらである。右脚へは絶えず触覚被害が続く。一気に集中して取組んだせいで15時前にはケリが付いた。パソコン前で被害が無いことは絶対に有り得ない。

これを記している今もはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚への触覚被害に耐えている。

しかし16時からは野方にて友人と久しぶりに飲み食べとなった。ここでは被害者でなくいられた。共によく飲み、食べるので気分も良くなり談笑に明け暮れた。基本的にここのところずっと不景気なので独りのことが多く、沢山話しができて良かった。酔いもあって以降は4時40分にうたた寝に気が付きベッドに入るまで被害の自覚は一切なかった。


そして何と今朝は9時59分に目覚める。ものすごい倦怠感だ。とても起きれない。日曜ということもあって眠ることにする。ノイズが聞こえていたし、いつもの「何とかする」デマも始まっていた。しっかり眠り11時35分に起床。まるでこの人体に反応する遠隔技術から完全に解放されていたかのようだ。そのくらいに今朝の疲れはひどかった。

すぐに触覚被害が尻にエスカレート。ノイズや音声送信もいつもとおりだ。意志薄弱のバカばかりだ。

今日は午後はいつもの日曜同様に家のことに従事し続ける清掃や整備作業もある。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2940 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2942 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2941:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2940 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2942 »