« テクノロジー犯罪に遭遇して2980 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2982 »

2016年4月15日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2981

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

4月15日(金

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時19分

被害はひどいままだ。

昨日は比較的マシな方だっただろうか。ここのところの無軌道さはそれほどなかったように思えた。午後は合間を利用して散髪に出た。ここでも被害は遠のく。歯医者や散髪のように、人が肌が触れるほどすぐそばで作業を行なうようなケースの場合、他人の気配が嫌でも濃厚になる。こういうケースを極端に嫌がるのが私の加害者の傾向だ。まさにストーカーを地で行っているようなものだ。

そして帰宅すると被害は再発されたが、過激というほどではなかった。しかしノイズや下らない音声送信はいつもと同様である。

夕方に待機していた事業報告書の仕事がいよいよ出稿となった。今回は納期が短く、週末も仕事になりそうだ。日曜はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムで私は記録係なので欠席できないので、土曜が仕事日になりそうだ。

ということで出稿された原稿をチェックし、ファイルを作り、いつでも作業を開始できるように準備を整える。18時半過ぎに終業とし愛犬の散歩。ここでは触覚被害はかなりひどくエスカレート。堪え難いほどの気色の悪い刺激が身体の至る所に走り続けた。特に立ち止まると大変だ。

昼夜の食事は自炊。昼はカレーうどん、夜は回鍋肉、ニラ玉、餃子、それと昨晩の余り物の煮物をレンジで暖める。昼はそれほどでもなかったが、夜の調理時は結構ひどい触覚被害あり。食事時は昼夜共に触覚被害がひどかった。やはり夜はしつこい。

21時26分に熊本で強い地震があったらしく、TVはほとんどその実況放送になっていた。晩酌の酒も回り、その時間には被害はそれほど感じなくなっていた。

深夜は書斎のパソコン前でうたた寝てしまう。気づくと4時を回っていた。4時11分にベッドに移動。

7時45分に覚醒。どちらかと言えば人為覚醒のような感触だ。以降はうつらうつら、それほどの倦怠感はないが、眠気が強かった。すでに「サー」というノイズが鳴っている。音声送信は時折いつもの男の声で交際女性がすぐに現れて、そのベッドで就寝を共にする等とやっていた。

9時に起床。

触覚被害はすぐに胸に始まり出す。以降は全身至るところに始まり出す。そんな状況下で雑事片付け、今日は書斎でグラフィック業務なのでほとんどをはだかで過ごすことになりそうだ。気管の様子が相変わらずおかしい、はだかはきついはずなのにとんでもない醜悪なゴミ罪人どもである。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2980 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2982 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2981:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2980 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2982 »