« テクノロジー犯罪に遭遇して2993 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2995 »

2016年4月28日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して2994

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

4月28日(木

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時00分

被害は今日もかなりひどい。起床と同時に胸へベッタリと手のひらを置かれたような感触、すぐに拳固で数発殴る。すると尻へ移動、そんなことのくり返しだ。

昨日は午後の前半はそれほど込み入った作業はなく、簡単な修正を片づけ、すぐにクライアントに送信、ここで一度手が空く、栽培中のバラが咲き始めているので、それを眺めたり、害虫を駆除したりする。

16時に2人の女性被害者の方と話す機会があって、一人の方が首は動かせない状況にさせられていて、見ていて本当に大変そうだった。このくらいの筋肉や腱への操作もお手のもののようで、私も今まで何度もやられている。

初期の頃に右足首への強力な痛み攻撃が続き、歩行が困難になった、その要因がまったく思いつかない、音声送信ではそれが操作であることをひけらかし続けていた。数日後に、仕事で外出せねばならず、それを済ませ昼に新宿で昼食を摂っていると、いきなりその箇所にもの凄い勢いで人工的な痺れが30秒ほど走り、思わず焦ってしまったが、その直後、まったくウソのように痛みが取れてしまった。

その数年後には右肘へやや強い痛みが継続し(これも要因不明)、冬だったので寒さが原因かと思い接骨院に通ったが何の効果もなし、これもあるときを境にいきなり消えてしまった。

そして極めつけは私が参加、制作、編集させていただいた「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」が発行された日の朝に、いきなり強力な腰痛に襲われたのが記憶に新しいし、最も徹底した攻撃だった。

朝に家を周囲を少し清掃し、それを終え、門に向って歩行している時から腰に不自然な刺激が走り出し、らせん階段で屋上に移動中にその刺激が激痛に変化し、思わず動けなくなってしまった。明らかに操作であることを思い知らせるやり口だったということだ。その後数日重度の障害者のような状況を強いられ、外出はもちろん、家事もロクに行えないような状況が続いたものの、ある瞬間を境にいきなり元に戻ってしまうのである。終焉も技術操作であったことを被害者に思い知らせているのであろう。ということで、そんな障害も可能だし、被害者の多くはそれを体験で知っている。これらもかなり深刻なテクノロジー犯罪被害である。

夕方からいきなり並行して進行している事業報告書の校正が出てきた、こちらは本格的なボリュームで、一気に取りかかる、何とかノルマを果たしたのが18時45分頃、もちろんすべてはだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの作業である。

終業後すぐに愛犬の散歩に出る。昨日も半端じゃない妨害に耐え続ける。

昼夜の食事は自炊。昼はイワシ塩焼き、竹の子の煮物、みそ汁を調理。夕飯は一口カツ、ササミのチーズフライ、線キャベツ、イワシの刺身と茹でイカ、カブの炒め煮を調理、調理時の被害は相変わらずだ。夕飯ははだかででの調理となる。

その調理中にクライアントから、今日の昼に校正を済ませた事業報告書の入稿の依頼が入った、明日とばかり思っていたので意表を突かれたが、即座に書斎へ移動し、速やかに入稿データの作成。19時過ぎから始め、整ったのが21時過ぎである。これらをすべてはだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら行う、右脚への触覚被害もひどかった。21時14分に入稿。

以降は食事とし、普通に過ごしたが、やはり触覚被害がひどく、ノイズや音声送信も途切れない。

深夜はうたた寝てしまう。ベッドに入ったのが3時22分となった。

6時50分に覚醒の強要。語りかけあり。

次は8時半頃に目覚める、こちらは自然覚醒のようだ。音声送信はいつもの「金」「女」「解放」のクズデマ、ノイズも鳴っている。疲れもひどくうつらうつら。下半身への触覚被害もあり。9時20分に起床。

以降は上記したように触覚被害がすぐに強く始まり出した。

今日は雨天で寒い、もう33分もの間はだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらこれを記している。身体が冷えてしまい、下痢になってしまっている。この辺で止めておく。

午後はデータ修正作業、経理業務。歯医者の治療がある。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2993 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2995 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2994:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2993 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2995 »