« テクノロジー犯罪に遭遇して2997 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2999 »

2016年5月 2日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2998

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月2日(月

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

15時37分

今日は午前からデータ修正作業があり、つい今しがた一段落したところだ。

被害の方は普通に続いている。特に過激化することは今のところはない。

昨日はあれから庭と家の周辺の掃き掃除をしておいた。被害の方は昨日記したとおり、珍しくそれほどひどくなかった。

暗くなってから愛犬の散歩。多少のエスカレートはあったが普段のひどさに比べればマシな方だった。それでもあの不快さに耐えるのは本当にストレスである。

帰宅後夕飯の調理に取組む。イワシとカツオの刺身を捌いて切って盛りつけ、揚げイカと鶏胸肉をつくり、それを小松菜と竹の子と炒める。それと竹の子入り餃子も餡から作り皮で包んで炒める。それと金目鯛の煮付けも調理。過激なほどではなかったものの、やはり触覚被害がひどい。

19時半から食べ始める。触覚被害、音声送信、ノイズの妨害あり、しかしやはり過激なほどではなかった。昨日は全般的に控えめな感じだった。

深夜はうたた寝る。2時25分に就寝となった。

4時51分に覚醒の強要。ノイズが聞こえた。7時25分に再び覚醒。やはり「サー」というノイズが続いている。音声送信によるデマもいつもとおりだ。

今朝は手早く片付けなければならないグラフィック作業があって、8時15分には起床とした。それほど辛い思いをせずに起床ができた。

すぐに洗濯とかリサイクルゴミ出し等の日常雑事を片付けていく。触覚被害や音声送信は普通に始まっていた。が、過激なほどではない。

それから書斎ではだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの業務となった。思っていたよりかは早めにケリがつき、クライアントへ送信。

それから銀行に用事があったので、千川までクロスバイクで往復、ここではひどい触覚被害が走行中に右脇の下にあった。

帰宅すると昼前だったので昼食を調理。レタスチャーハンとみそ汁をつくった。調理時、食事時共に被害あり、でも過激なほどではなかった。ここ数日全般的に被害は一段弱いようだ。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2997 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2999 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2998:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2997 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2999 »