« テクノロジー犯罪に遭遇して2998 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3000 »

2016年5月 3日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して2999

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月3日(火

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

16時27分

被害は普通に続いている。自宅で好きにしている分にはそれほどのエスカレートはないものの、確実に触覚被害と音声送信とノイズが続いている。何も被害を感じないということはない。音声送信は私の内面変化に絶えず反応するし、何らかの触覚の不快感は途切れない。ただそれが普段よりかは、やや穏やかだと言っているだけだ。

しかしMTBで買い出しに出たり、何か目的を持って行動を起こすとエスカレートしだす。

そしてこれを記し始めると右脚に顕著な触覚被害がエスカレートしている、本当に猥褻さで不快な刺激をと言えば、その典型のような感触だ。

真っ当なことを始めるとざわつき出し、好きに伸び伸びやっていると案外大人しくなる。とはいえ平日にそんな呑気に暮らしてなどいられない、そんな悠長なご身分ではない。

ということで連休の初日は趣味のバラの世話に明け暮れていて、路上で近隣の方ともいろいろと話しをしたり、結構のんびりと過ごしている。

昨日も更新後、あからさまなエスカレートはそれほど無かったように思える。

夕方には愛犬の散歩。これも健全で毎日続けるといった日常の雑事の一つ、でもそういうのには必ずひどい被害が付きまとう。これが全体的な傾向だ。以前にも的確な指摘ができる男性被害者の方と、談笑しながら被害について話していたことがあったが、彼もその点では同意見だった。「要するに人を堕とそうとしているということなんですよね」等と話したものだ。これはかなりの高確率だと思っている。聞かされる音声送信の声もそういうのばかりだ。ゆったりとした口調で知恵おくれのようなのも珍しくない。

それと夕飯の調理時だ。これも無くてはならない時間だ。少なくとも毎日、記しているように私は「食べる」という行為については、自己に対してそれなりの責任を感じ、できるだけきちんとしているつもりである。衣食住、いずれのどれかに責任を感じ、大切に生きていくことは己が生きているということを豊かに感じれたり、自然に自他共々かけがえの無いものを大切にしていこうとする自覚を内面に芽生えさせる。そういうことを破壊しようとする傾向がテクノロジー犯罪には顕著だ。衣食住のうち私は適性で「食」を選んでいるだけだ。毎日同じような被害報告に何かしら変化をと思っている工夫でもあるのだが、毎日自分の大切な時間を割いてこれを記している事実から、その食事のための調理と食事の時間がいかに毎日毎日破壊と侵害の連続であるのかを、記録として保存する必要も重々感じているということだ。それがテクノロジー犯罪だと言い続けているのである。

ということで、昨晩はまずイワシの刺身、イワシは本当によく登場するが、近所のスーパーで毎日新鮮なのを1尾¥50~70円から買えるから買っているのだ。当然捌くのは私で、もう完全に慣れ切ってしまっている。新鮮なマイワシの刺身の美味さは中々飽きることがない。

それと炒めベーコン、チーズ、レタス、レッドアーリー、トマト、カブ、キュウリ、マッシュルームを塩、サラダオイル、リンゴ酢で調理したサラダを大量に作る、昨日の余りの餃子、枝豆も出ていたので塩ゆでにした。この調理時間もかなりの触覚被害による妨害あり。

食事時間も当然のようにひどい触覚被害だった。それもしつこい、しかし映画を鑑賞していたせいなのか、それに集中し始めると被害は遠のいていった。

深夜はうたた寝るも早めに気が付き2時12分にはベッドに入れた。

6時に覚醒の強要。ここのところ毎日早朝にこれだ。

今朝は中々攻撃的な音声送信から始まる、「お前の体をぶっ壊してやる」「お前の肝臓はもうダメだ」等、亡父の知りあいの高齢者たちにやっかみでやられていて云々。

次は8時09分に目覚める。「ハルキ」等私の名前を呼んでくるのがいたりもした。触覚被害も始まり出す。

8時40分に起床。

すぐに雑事片付け、天気も良く気分もよかったが、不快な触覚被害は続いていた。ただそれが過激なほどではないだけだ。一段落後、バラの世話。それからこの3連休を愉しむためのお酒等の買い出しにMTBを利用。ここでは右脇の下に触覚被害あり。

昼食はチキンライスとみそ汁を調理。妨害の方はそれほどでもなかった。しかし食事時の触覚被害はかなりひどかった。

ということで午後は祭日らしく、比較的伸び伸びとしているが、この記録の際には触覚被害が相当にエスカレートし、聞かされる音声の声はただのバカの声だ。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2998 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3000 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2999:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2998 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3000 »