« テクノロジー犯罪に遭遇して3003 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3005 »

2016年5月 8日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して3004

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月8日(日

17時57分

被害は今日もひどい。触覚被害が否応無しだ。

今日も朝から雑事が団子となっていて、中々この記録に入れなかった。

昨日は、武蔵境での時間は高校の理事の方と一緒にいたせいで、被害者でなくいられた。落語の舞台も面白く楽しい時間を過ごせた。

しかしそれ以外はダメ。途端に被害がエスカレートしては特に帰宅してからはひどかった。18時半頃に帰宅、すぐに愛犬の散歩。やはりいつもの触覚被害がひどかった。

それから夕飯の準備。イワシとイカの刺身。ツナとチーズのサラダを沢山調理した。調理中も触覚被害がひどく、19時半からの夕飯もかなりの妨害だった。しかし晩酌付きだったせいで、しばらくすると被害を自覚しないで済むようになった。

深夜はうたた寝てしまう。疲れがひどかったせいか就寝時間のメモが残せなかったようだ。3時頃だったのではないかと思う。

6時55分に覚醒の強要。「サー」というノイズが聞こえる。次は8時頃に目覚める、眠気がひどく、そんな状態でうつらうつら、ノイズと音声送信が普段とおりである。9時に起床。

すぐに雑事片付け、やはり尻への触覚被害が始まる。

そんな状態の中で次々と雑事を片付けていく。音声送信、触覚被害はコンスタントに発生、身体の様々な部位に被害が移っていった。音声送信もいつもと同じ人工音声である。

昼は近所のスーパーで買ったカレーパンで済ます。

午後は下宿スペースの清掃。この時間は被害は一気に遠のく。終えて通常の日曜雑事に戻った途端に触覚被害が再開。あとは耐えている以外になかった。

これから愛犬の散歩、夕飯の準備となる。やはり相当の忍耐を強要されるのであろう。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3003 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3005 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3004:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3003 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3005 »