« テクノロジー犯罪に遭遇して3007 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3009 »

2016年5月12日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して3008

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月12日(木

15時56分

被害は今日も相当にひどい。

昨日はあれから記した通りに会報誌の表紙案出作業に取組んだ。一貫してはだかだった。まだはだかには薄ら寒く、以前から記しているように気管が荒れていて、朝には痛みもあり、痰もノドの奥に絡み、黄色い洟や痰が鼻をかむと出て来るし、咳をすると出て来る。これは明らかに2次被害である。

右脇の下にもずっとインスタントコーヒーの空き瓶が挟みっぱなし、30分もしてくると痛くなってくる。しかしそうでもしないと、本当に大変で、この防御で本当に助かっている。

右脚への触覚被害もひどく、すでに短パンにしている。そんな中19時まで作業を続けた。

それから愛犬の散歩。いつものようにこの時間独自の触覚被害に耐え続けた。

帰宅後夕飯の準備。昨晩は調理時の触覚被害も相当にひどかった。はだかでの調理とした。そんな中でイワシの刺身、一昨日につくったマカロニサラダ、それと麻婆茄子を準備し調理した。尻への執拗な触覚被害も続いた。

20時から食べ始める、やはりはだかでの食事とした。暖かくなってくるとこの防御法が可能になる。畜生といつものしゃがれ声が喚いていた。

深夜はうたた寝てしまい、3時10分にきちんと就寝となった。

7時40分に覚醒。ノイズが聞こえる。

8時30分頃に覚醒、ひどい疲れと眠気、以降うつらうつら、ノイズとデマ送信が始まる。9時15分に起床。

すぐに触覚被害が胸に始まった。以降はいつものように範囲が広がり、否応ない状態になった。音声送信もいつもの声である。

今日は東京法務局に用事があったので、クロスバイクで往復となった。この運転中の触覚被害たるや、今日は半端じゃなかった。攻撃は右脇の下に集中する、どういう訳かこの部位と右脚へ触覚被害はひどい。

音声送信はこの状況下ではクズガキ声が一番うるさい。好き勝手な嫌われ口を思いつくままにやってきた。

法務局に到着すると途端にいなくなる、しかし用事を済ますと途端に再開だ。

帰路もかなりひどい走行妨害に耐え続けた。途中、神田でカツカレーを食べ、昼食とした。

帰宅するといつものように触覚被害がエスカレート。いくら金を使っただの、何であんなものが買えるのかとか、いい訳にならないいい訳をほざきながら、バカな音声送信が続く。

今日もこれから、昨日に引き続き、会報誌の表紙案出作業に取組む。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3007 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3009 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3008:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3007 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3009 »