« テクノロジー犯罪に遭遇して3010 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3012 »

2016年5月15日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して3011

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を


5月15日(日

19時08分

今日も被害はメチャクチャだ。ヒモ罪人どものやりたい放題が続いている。

昨日はあれから夕飯の準備。餃子、冷や奴、浅草で買ったおつまみの鶏唐揚げと手羽先のローストと生野菜、それと肉野菜炒めを調理。はだかでの調理となった。20時30分から食事とした。やはりはだかでの食事である。

晩酌付きにしたため、しばらくすると被害を感じないで済むようになった。深夜はうたた寝てしまう、疲れていたのか就寝時間のメモを記していなかったが、3時頃ではなかったかと思う。

7時53分に覚醒。ノイズと音声送信が始まる、以降はうつらうつら、というより浅い眠り、朝は少しゆっくりし、9時45分に起床。

今日も雑事が山と溜まっている。まずは触覚被害が尻に始まり出し、音声送信もバカどもばかりだ。

午前はあっという間に過ぎ、昼に白身魚のバンズを食べ、少しだけ休み、下宿スペースの清掃、ここでだけ被害から遠ざかれた。あとはダメだ。しかし雑事片づけにひたすら追われ続けたおかげで、いちいち気にしていられる余裕もなく、気が付くと暗くなっていて愛犬の散歩。ひどい触覚被害ではあったが、公園で他の飼い犬と遊んだり、短めのコースでの散歩になったので、すぐに帰宅できた。それからこれを記している。本当のこの時季は年間を通して最も雑事が増えるので、1日があっという間だ。これから夕飯の準備だ。とにかく触覚被害のひどさと、音声送信のバカさ加減は尋常ではない。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3010 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3012 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3011:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3010 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3012 »