« テクノロジー犯罪に遭遇して3011 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3013 »

2016年5月16日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して3012

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月16日(月

13時35分

今日も被害はひどい。触覚被害のエスカレートは予測がつかない。

昨日はあれから夕飯の準備、一貫してはだかで行う、結構冷えていて、薄ら寒かった。そんな中で空豆を蒸し、冷や奴を盛り、手巻き寿司の準備、それと味付けカルビがあったのでタマネギと一緒に炒めていただいた。

20時20分頃からの夕飯となる。食卓でも上半身はだかである。晩酌付きにしたので酔いも回り、そうなってから着服、とてもじゃないが、まだはだかでは寒い。

深夜はうたた寝てしまう。それでもまだ早めに気が付き2時35分にはベッドに入れた。

5時55分に覚醒の強要。疲れているのに、地震でもなければこんな時間に目覚めるはずがない。そして爽快な目覚め感なのだ、本当に信じられない。ノイズが鳴っている。それでも間もなく眠ってしまう、これも変なのだ。

7時20分にドアベルの音がしたので、すぐに起き、玄関に向ったが、これも音声送信である。かなりリアルにベルの音を確認したのだが、被害であった。

ベッドに入るといつものクズしゃがれが登場し始め、それと同時に右脚へ触覚被害が始まり。今朝は結構ひどく、それから箇所が股間へ移動、男女の声も聞こえ出し、しゃがれを非難している、「その人は男の人なのよ、男の人の股間を刺激して何が楽しいの!」等と言うと、しゃがれは「ちっくしょ~、何で男なんだ」等とほざいていた。他いつもの「金」「女」「解放」のデマもダラダラと続いた。

それでも横になって休み8時半に起床。途端に尻へひどい触覚被害。しゃがれがいい気になって戯言を並べ立てていた。とにかくこの声とクズガキ声は私を心底憎んでいるという設定になっているのだ。

しかし月曜の朝は普段よりも雑事が多く、次々に片付けていったため、体もよく動き、意識もそちらに向かい続けるために、それが一種の防御になっていく、相手にされなければつまらなくなってしまい、被害のバラまきを止めてしまう意志薄弱さも加害者の特徴だ。

少しは楽になったところで、銀行に用事があったので、食材の買い出し、昼食も兼ねてクロスバイクで出掛ける。それほど強くはなかったものの、右脇の下への触覚被害あり。昼食は千川の中華飯店でラーメンを食べた。

触覚被害はあるにはあったが、それほどではなかった。ラーメンを口にした瞬間、私がそれに満足しているか否かの問答を男女でやっていたりした。そんな日常なのだ。

帰宅するとやや触覚被害はエスカレートする。丁度昼だったので、一休みとし、TVを鑑賞しながらギターをいじっていた。くすぶるように触覚被害が続く。ノイズや音声送信もだ。

13時に休憩を終え、家を循環し、それからこれを記している。

今日は昨日こぼれて片付けられなかった雑事片付けや、会報誌の表紙の詰め作業、歯医者の治療もある。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3011 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3013 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3012:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3011 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3013 »