« テクノロジー犯罪に遭遇して3014 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3016 »

2016年5月19日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して3015

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月19日(木

19時20分

今日は山梨まで出張していて、更新がこの時間になった。

昨日はあれから請求書を作成したり、今日の出張の準備をしたり、後は日常的な雑事である。書斎での作業は当然はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらだ。

19時から愛犬の散歩。一昨日ほどではなかったものの、昨日もジリジリとした触覚被害に見舞われ続け大変だった。

帰宅後夕飯準備、空豆を茹で、イワシの刺身を捌き、サラダを調理、それとミートマカロニも調理したが、一貫してはだかでである。とにかくこの時間の触覚被害もここのところまたひどい。20時半からの食事となったが、やはり相当の妨害である。引き続きはだかでの食事となった。夕べはワインも飲んでいたので、しばらくすると酔いも回り着服でも耐えれるようになった。本当にお酒が飲める体で良かったと思う。

深夜はうたた寝、ベッドに入れたのが2時25分。

今日は早く起床する必要があったので、久しぶりに目覚ましを7時半にかけておいたのだが、7時15分に覚醒。15分ほどうつらうつらし、起床。

8時半に新たに入居する人が親子で訪れ、屋内を案内することになっていて、それで今朝は早起きとなった、こういう場合、被害は緩いことが多いのだが、今朝もそうであった。とりあえず緩いだけで、その反動はどこかで必ずやってくる。これも10年近いキャリアから導き出せる推測だ。

案内が9時頃には終わり、今度は山梨行きの準備だ。高校時代の友人がワイナリーを経営していて、その広告の件で打ち合わせがあり、私の方から出向くことになった。このブログをお読みになっている方はよくお解りだと思うが、大家として在宅していることが仕事でもある身としては、遠出にははっきりとした理由が必要であって、そんなに機会のあることではない。

ということで9時40分に家を出る、被害の方は遠いままだ。新宿で切符を購入し、すぐに特急に乗車し山梨にまで向う。行きはウソのように被害は軽く、音声送信も遠かった。

友人との打ち合わせの時間になると完全に被害は消え、被害者でなくいられた。後半は談笑しながらの昼食となった。フレンチレストランも運営しているので久しぶりにフレンチを楽しんだ。それから友人の車で近所の某博物館に案内してもらい、楽しんだ。彼も忙しい身なのでそこまででお開きになり、山梨市駅から在来線がすぐに到着したので、それで高尾まで向った。乗車し腰掛けゆっくりしていると左耳にノイズが聞こえ始め、クズガキ声も近寄りだし、いよいよ被害の再開である。

右脚、左胸に特にひどい触覚被害があり、ノイズや音声送信も愚かなのばかり出てきては好き勝手に騒ぎ始まる、上記した今日半日分の反動が、ここで始まったのだ。以降は相当のストレスで、何事もないように振る舞っていることが本当に大変だった。高尾から中央線に乗り換えてもそのまま触覚被害は続き、あとはじっと耐えている以外になかった。

東中野から徒歩で帰宅、ここいら辺で少し弱まってくれた。音声送信も真っ当なのも登場し始め何とか普通レベルに落ち着き始めた。

帰宅してからはいつもの雑事に追われ続けた。左胸とかにかなりひどい触覚被害。それから愛犬の散歩。無軌道なほどではなかったものの結構なストレスだった。

それから帰宅し、これを記している、はだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら、右脚への触覚被害に耐えながらだ。

今日はこれから新しい住人さんが荷物を運んでくるということなので、その立ち会い。それから夕飯の準備となる。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3014 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3016 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3015:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3014 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3016 »