« テクノロジー犯罪に遭遇して3015 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3017 »

2016年5月20日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して3016

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月20日(金

14時22分

今日も被害は普通に続いている。ただし無軌道なほどではない。

昨日はあれから新しい住人さんが大急ぎで入居が決まり、荷物を持ってきたので、その立ち会い、その後夕飯の準備、ニジマス塩焼き、茹で空豆、豚肉の生姜焼きの生野菜添え、シマアジのアラの潮煮を調理。やはりはだかでの調理となった。開始頃は大丈夫だったのだが、急激にエスカレートし、着服では無理だった。

20時50分から食べ始めるが最初ははだかでの食事となった。昨日出向いたワイナリーで買ったワインも一緒に飲んでいたので、その酔いのおかげで後半は着服できた。

深夜はやはりうたた寝てしまう。ベッドに入ったのが2時50分だった。

5時58分に覚醒の強要。ノイズに混ざって音声送信も始まる。相変わらずのデマ送信だ。ここではすぐに寝付く。

次は7時15分に覚醒、以降はうつらうつら、ノイズとデマ送信と干渉送信。何だか呼吸が苦しいような気がして8時20分に起床。

すぐに雑事片づけだ。今朝に関しては触覚被害のエスカレートぶりがそれほどではなかった。音声送信もそれほどうるさくはない。

そんな中で洗濯やら、咲き終わったバラの鉢やポットを移動したり、さらに東電のメーターチェック、井戸ポンプの修理等等結構いろいろな対応に追われる、すぐに昼になった。

触覚被害もほどほどにあった程度で、いつもほどではない。

昼食は自炊。たぬきうどんを作っていただいた。やはり食事中にはひどい触覚被害あり、しかしはだかになるほどではなかった。

食後はTVを鑑賞しながらギターをいじっていたが、被害はあるにはあったが、ここでも軽い方だった。

それから明日引っ越してくる住人さんが再び荷物運びと部屋の整理、それと契約にやってきている。今日は他にも配管工事の見積もりのためにこれから水道屋さんが来ることになっている。今日は家のことでいろいろ動き回っている。

他人がいろいろと身近なところで関わっているからなのか、今のところ被害は軽い方だ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3015 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3017 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3016:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3015 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3017 »