« テクノロジー犯罪に遭遇して3021 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3023 »

2016年5月26日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して3022

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月26日(木

18時02分

被害は今日はひどい。

胸等に散々な触覚被害を食らい続けている。かなりしつこく、長く続いている。ノイズも途切れないし、バカなデマと干渉送信もうるさい。

昨日はあれから愛犬の散歩に出たがいつもと一緒である。この辺りからは被害のエスカレートはただ事ではなくなる。それまでは何とかマシだったのだが、これ以降はひたすら我慢になる。しかしやや短めのコースを取ってくれたせいで、早めに帰宅できた。

すぐに夕飯の準備、ここでも触覚被害はあるにはあったが、少し弱まってくれた。おかげで服は脱がずに済む、ノーマルな状態でツナサラダ、ホイコーロー、イワシのみそ汁を調理する。それと昼に新宿で買ったおにぎりを一個もあった。

食事時は被害はエスカレートしたので、はだかになっていただいた。

深夜はうたた寝。ベッドに入ったのが3時頃。

5時28分に覚醒の強要。幼なじみのKが加害者だのやっている。あとは「サー」というノイズである。次は7時50分頃に目覚め、次は8時半頃に目覚める、かなりの眠気だ。ノイズと被害終焉のデマ。右脚への触覚被害も始まり出す。9時16分に起床。

すぐに雑事片付け。コンディションが余り良くなく、身体が重い。天気も曇天だ。

被害はそれほどでもなく、中途半端な感じ、被害終焉のデマだけはよく聞こえる。以降、今日もこの手合いのデマが続く。

桜台まで米や野菜の買い出し、運転中の右脇の下への触覚被害がかなりひどかった。今日は走行妨害はかなりのものだった。途中江古田の中華飯店で醤油ラーメンを食べた。ここではそれほどのエスカレートはなかった。運転中が一番ひどかっただろうか。

帰宅し少し休み、13時から今日も主に家の雑事が続く。夕方近くになるに連れて触覚被害が無軌道化し始める。胸への集中攻撃だ。パソコン前ではだかになれば途端に右脚への集中攻撃である。今も相当なのを強要されている。

植物の水やり時間になるとエスカレートも頂点だ。いつもこの時間もひどい。

そしてそれらを片づけこれを記している。はだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚へのひどい触覚被害に耐えながらだ。

これから住人さんと無線ルーターについての話しをし、愛犬を散歩の連れ、夕飯の準備だ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3021 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3023 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3022:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3021 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3023 »