« テクノロジー犯罪に遭遇して3042 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3044 »

2016年6月16日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して3043

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月16日(木

18時38分

被害は今日もひどい。午後になってからのやりたい放題に耐え続けている。唯一高所での作業があって、その時間だけは解放されただろうか。

昨日はあれから九段まで地下鉄で、乗車中も触覚被害が続く、とにかくじっとしているとダメだ。すぐに身体のどこかの場所に不快な猥褻触覚被害が始まり出す。ちょっとした勘違いから用事を果たせないまま、新宿へ向うことになる。一度量販店に寄ってから徒歩で夕飯を食べることに決めていた店へ移動。この歩行中も何らかの触覚被害あり。しかし店に入って飲み食べを始め出すと、昨晩に関しては被害は遠のいてくれた。魚料理の美味しい店で結構のんびりと過ごすことができた。ほろ酔い加減で徒歩で帰宅。目立った嫌がらせはなかった。

帰宅後すぐに愛犬の散歩。ここでは触覚被害が再開される。ノイズや音声送信もだ。しかし少し酔っていたせいもあって普段よりかはマシな状態だった。帰宅後は好きに過ごす。

やはり疲れていたせいか、就寝時間のメモが残されていない。3時頃には無事に就寝したと思う。

8時02分に寝室にあるコピー兼ファックスの機械に、ファックスが届いている音で目覚める。その時点ではそれほどの疲れや眠気は感じなかった。以降はうつらうつら、9時頃に再び目覚めるとひどい倦怠感だ、眠気もすごかった。本当に操作を疑ってしまう。ノイズが聞こえている。結局10時の起床となった。本当に少し前まで2時間の睡眠でも平然と目覚めていた頃がウソのようだ。今度はそれとは逆になっている。

起床し着替えを始めると少し不快な触覚被害が始まってはいたが、今朝に関しては午前中は触覚被害はそれほどでもなかった。午前は桜台まで食材の買い出しに出る、MTBを利用、帰路に右脇の下に触覚被害あり、しかしそれほどひどくはなかった。昼食は焼きそばを調理、ここもそれほどの妨害なし。食事中はややひどい触覚被害あり。それから少しギターをいじって、13時から家のことに必要な雑事に取組むも触覚被害がエスカレートしだす、ノイズも近寄り出し、いつものエスカレート時の状況になっていく、こうなるともうひたすら我慢である。

夕方に高所での肉体を使う作業に取組む、ここでは触覚被害は一気に遠のく、しかしその作業を終え、ノーマルな状況になるとまた触覚被害が否応無しだ。今もはだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらのこの記録である。

今日は雨天になったせいで散歩は中止、これから夕飯の準備だ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3042 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3044 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3043:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3042 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3044 »