« テクノロジー犯罪に遭遇して3045 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3047 »

2016年6月19日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して3046

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月19日(日

17時58分

被害の方は散漫な感じでコンスタントにひどいといった感じではない。何の前触れもなくノイズが近寄り出し、胸や尻への触覚被害がエスカレートしたりする。

昨日はあれから触覚被害に耐えながらの散歩の時間となる。いつものこの時間特有のやつだ。目の敵にされているかのように本当にひどくなる。それでも昨夜はまだ歩き先行の散歩だったので助かった。

帰宅後夕飯の準備、ここでの妨害は昨晩に関しては大したことはなかった、服を着ながらの調理ができた。余り物のかき揚げをロースターで暖め、イカゲソとキュウリの酢の物、イカ刺し、牛肉と野菜の洋風炒め、鯛かぶとの塩焼き等を調理、食事時の妨害も思ったいたほどではなかった。終日暑さの中発汗して過ごしたせいなのか、とにかく屋外での雑事が多い、明日もそうなる。

深夜はやはりうたた寝。就寝は4時になった。

6時03分に覚醒の強要。ノイズが聞こえる。次は8時頃、そして9時過ぎに覚醒、身体は疲れている。ノイズと多少の音声送信あり。それほどひどくはない。

9時27分に起床。いよいよ夏めいてきた。布団をかけると汗ばんでくる。

触覚被害は普通に始まり出す。過激なほどではない。ノイズと音声送信もいつものとおりだ。

そんな中すぐに雑事片付けだ。今の時季からタオルが必要なほどだ。今夏は暑くなりそうだ。今日も屋内外で身体の動かし続けとなる。午前は被害はくすぶるような感じで続いた。

昼は近所のスーパーで買った白身魚のバンズで済ませる。少しギター等をいじって休み、午後の仕事を始める、2階の窓拭きをハシゴに乗って行う、それを終えると下宿スペースの清掃だ。ここで一気に被害は遠のく。夏になると汚れや匂いもキツくなってくるが仕方がない、こういう生理的な問題になると私の加害者は一気に遠のく。

ところがそれを終えると、その反動のように被害がエスカレートしだす。今日もそうだった、しかし思っていたよりかは長引かなかった。

以降は日曜の雑事をいつものように速やかに片付けていく。一段落してこれを記している。とりあえずは夏の不快さからなのか、被害はワンランクほど弱くなっているようだ。

これから愛犬の散歩と夕飯の準備だ。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3045 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3047 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3046:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3045 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3047 »