« テクノロジー犯罪に遭遇して3056 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3058 »

2016年6月30日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して3057

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という54才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月30日(木)

19時15分

被害は今日もひどい。今日は福利厚生や固定資産の支払い、散髪、歯科治療、愛犬のフィラリア駆虫剤の引き取りやHCでの買い出し等、外出の多い1日だった。

昨日はあれから地下鉄で市ヶ谷まで向ったが、車内での触覚被害は相当のもので、身体の相当に広い範囲にかなりひどい触覚被害が続く、被害箇所を触ることで多少の防御もできるが、いかんせん被害箇所が1ヶ所でない訳で、他の部分の被害もひどい訳で防御もへったくれもない感じだ。

そして市ヶ谷のホテルで前半の講演を聞いている際にも触覚被害が続いた。とにかくしつこく、延々と耐え続けた。音声送信がクズガキ声が「もう本当に終わります、すぐに終わります」等と言いながら触覚被害の垂れ流しを続けるいつものやり口である。

後半は懇親会で、ここで一気に被害は無くなる。ウソのようにだ。以降は久しぶりに会った面識のある人たちと談笑しながら、楽しく過ごせた。

以降は酔いもあり、行きとは対象的に帰路もそれからの愛犬の散歩もそれほどひどい被害を受けずに済んだ。深夜は例によってうたた寝、疲れていたのか就寝時間のメモなし。

8時50分頃に目覚める、それにしても本当に倦怠感と眠気で不快な目覚めである。誰もがそんな感じなのかもしれないが、今私が感じているそれはスケールが違うように思う。意図的に仕組まれた不快の印象がある。

少しうつらうつら9時25分に起床。身体が重く眠い。そんな状況で雑事を片づける。触覚被害やノイズ、音声送信はいつもと同じである。無軌道なほどではないが、確実に不快。すぐに目白まで出向く準備、固定資産や福利厚生の支払のためだ。

クロスバイクで往復、走行妨害はいつものように右脇の下にあるものの、ここ数日に比べればマシな方だった。帰宅しいくつかの雑事を片付けている間に昼が近くなる。簡単なもりそばにした。調理も大したことはなかったので、それほど被害を受けずに済む、しかし食事中は被害は執拗で気色が悪く、絶対に快適には食事が摂れなかった。

13時過ぎに散髪に出る、随分髪が伸びてきたのと、もうすぐに猛暑の時季だ。時間のある時を見計らって出向く。ここでも被害は一気に遠のいた。

15時頃に帰宅、この辺りから触覚被害がひどくなり始める。胸にやたらに被害が集中する、しかし今度は歯科治療である。近所の歯医者まで出向く、散髪も歯医者もどちらも他人の身体が触れる、そうなると加害者は特に嫌がり遠のいていってしまう。治療中も大丈夫だった。しかし病院を出ると元通りだ。

帰宅後、今度は愛犬のフィラリア駆虫剤を獣医さんのところまで取りに出向く、途中HCで下宿スペース用の蛍光灯を購入したりもした。普通自転車を利用、やはり右脇の下等に触覚被害あり。

帰宅し今度は今月分の経理作業である。これをはだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら従事、音声送信、触覚被害による妨害も当然のようにあり。

それを終えてから今度は愛犬の散歩、やはり触覚被害はひどい、しかし湿気のせいか、普段の半分ほどで帰宅。愛犬も疲れているようだ。

それからこれを記している。当然はだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらだ、それでも右胸と右脚へひどい触覚被害がある。今日はこれから会報誌のレイアウト業務等が待っている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3056 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3058 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3057:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3056 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3058 »