« テクノロジー犯罪に遭遇して3270 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3272 »

2017年1月31日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して3271

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月31日(火)

17時55分

被害は今日もひどい。何かと触覚被害が絡んでくる。ノイズもいつもとおりだ。

昨日はあれから愛犬の散歩、何となく足取り重く、匂い嗅ぎは相変わらずだったが、普段の半分ほどの距離で帰宅。触覚被害はややひどいといった感じだった。帰宅してから夕飯の準備。作り置きの浸し豆、オニオンスライス、切り干し大根の煮物を小皿に盛る、それと鯵の干物を焼く、余りもののキムチとかも一緒にいただいた。調理時、食事時共に触覚被害ひどし。それにしつこい。

深夜はついついうたた寝てしまい、ベッドに入ったのが4時06分となってしまった。まだ「サー」というノイズが続いていた。

8時頃に目覚める。ノイズが聞こえる、以降はうつらうつら。9時頃から少し読書。9時29分に起床。着替え時には尻への触覚被害がひどかった。音声送信、ノイズはいつもと一緒だ。

そんな中でいつもの雑事片付け。それから昨日買ったカメラのテスト撮影とかも行い、それから現在依頼されている事業報告書の表紙案の作成とプレゼン準備作業、これらも上半身はだかで行う。すぐに昼になる、ハムチャーハンを調理。やはり調理時、食事時無事ではない。

午後はすぐにクライアントにプレゼンを提出、それから午前に撮影した画像をパソコンに取り込んでチェックしたりした。仕事でも使用することは間違いないので、早く馴染んでおかなければならない。

少し時間が空いたのでバラの剪定作業等を行う、夕方に初校が戻ったので、修正作業を行うが当然上半身はだかである。

それらを終え一段落したところでこれを記している。何とか服が着れているものの、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっている。かなりの不快だ。これからもう少ししたら愛犬の散歩に出る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3270 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3272 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/69437984

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3271:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3270 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3272 »