« テクノロジー犯罪に遭遇して3277 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3279 »

2017年2月 8日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して3278

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

2月8日(水)

18時24分

今日更新しようとして、昨日、このブログのことを完全に忘れていたことに気が付いた。私としては絶対にいつもとおりに更新したつもりだったのだが、これも意識操作なのだろうか。

私、内山、ここで、このブログ開始以来初めて更新を怠ったことになる、しかしそれに昨日完全に気づかなかったどころか、今それに気づいたのである。昨日7日も被害状況そのものに大きな変化はなかったと記しておく、そういう日常の繋がりが、そして異常であることが正常であるという日常に慣れてしまっているのかもしれない。でなければかなり強い、ないし凝った操作ということになる。

ということでいつものように昨日から今日にかけての被害記録となる。

昨日は午後からは書斎にてひたすら確定申告書記入作業に明け暮れた、この時期の災いのようなものだ。私の場合大家とデザイナーの二口になるのでとても1日で終わらすことなど不可能で、毎年この時期は大変である。触覚被害の方も否応無しで、こちらがどんな状況にあろうと、すべては向こう次第である。ほとんどを上半身はだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの状況での進行となった、嫌な作業なのは当然なのだが、意外に入り込んでしまう作業でもあって、案外触覚被害の不快さを遠のかせてくれているかもしれない。控除や還付金に対する執着も当然あるに違いない。

本当に冷えてしまったと思ったら、とりあえず服を着て体を動かす作業とかに少し打ち込み、それからまたパソコン前に戻ってコツコツと欄を埋めていく作業の再開である。

とりあえず大家の方の記入は一段落したので、そこまでとし、江古田まで食材の買出しなどをして徒歩で往復、帰宅しすぐに愛犬の散歩。昨日はあまり元気がなく早めに帰宅、立ち止まると触覚被害がややひどいといったところ。

それから夕飯の準備。作り置きの惣菜、キンピラゴボウ、それとブリの塩焼きなどを調理したが、尻や他の部位に触覚被害がひどかった。

食事時もしつこい触覚被害が続いた。深夜読書をしていると夢中になってしまい、ベッドに入ったのが2時57分になってしまった。まだ「サー」というノイズがうるさかった。

8時50分に目覚める、目立った睡眠妨害はなし、しかし倦怠感攻撃がひどい。以降はうつらうつら。しょぼついた目で少しだけ読書をし9時58分に起床。

すぐに尻への触覚被害が始まり出した。ノイズや音声送信もいつもと一緒だ。そんな中で午前は雑事片付け。桜台のJAまでMTBで米を買いにいく。昼食はカレーうどんを自炊。食事時の被害はそれほどでもなかった。

午後はまずはクライアントさんから仕事のことではないが、相談を持ちかけられ、それにメールなどで対応。それからデザイナーの方の確定申告作業を始める、途中歯医者で治療、今日も治療中に右脚への触覚被害が続いた。

帰宅してから作業を再開、普段脳の使わない部分を使うものだから、何だか疲れてしまうが、それでも何とかまとめ、一段落し、それからこれを記している。当然上半身はだか、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっている、無事ではいられない。これから愛犬の散歩に出る。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3277 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3279 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/69529084

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3278:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3277 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3279 »