« テクノロジー犯罪に遭遇して3279 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3281 »

2017年2月10日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して3280

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

2月10日(金)

17時14分

今日も被害は相当にひどい。ノイズも鳴りっぱなしである。ところが、そんな状態でも申告会に昨年度の確定申告を済ますことができて、ほっとしている。

昨日はあれから夕飯の準備。イワシの刺身と叩き、作り置きの惣菜2種、それとハスとニンジンのキンピラ、ブリの塩焼き等を調理し、いただいた。当然に調理費事、食事時の被害はひどく、特に食事時はしつこい。

深夜は、今年からの習慣として、今まで読書離れが著しかったので、できるだけ本を読むことに決めたので、書斎でずっと読書とした。少し娯楽のYou Tubeも鑑賞などし、2時14分に就寝とした。

6時50分に尿意で目覚める、ノイズが鳴っている。音声送信はいつものバカがワンパターンの交際女性が云々というマンネリデマを飛ばしていた。

次は8時50分に目覚めるも、かなりの倦怠感だ。以降はうつらうつら。9時50分に起床となった。

すぐに尻への触覚被害が始まる、それに耐えながら洗濯等の身の回りの雑事を片付けていく。

昼食は飯を炊き、辛子明太子と豚汁。やはり食事時の触覚被害がひどい。

午後は池袋の青色申告会まで出向く、1時間ほど待たされる、その間読書、触覚被害がややひどかった、いよいよ私の番になって税理士と向かい合わせになると被害は一気に遠のいた。やはり多少の記入ミスなどがあって、結構時間がかかったものの、何とか控除も無事に出来、申告も完了となった。

クロスバイクで往復したが、帰路は右脇の下への触覚被害がひどかった。帰宅すると触覚被害が著しくエスカレート。

この記録も上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら進めていいる、外は雪が降っている。当然寒い、これから愛犬の散歩。夜は外食とする。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3279 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3281 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/69554449

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3280:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3279 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3281 »