« テクノロジー犯罪に遭遇して3298 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3300 »

2017年3月 1日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して3299

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

3月1日(水)

18時02分

今日も早朝から被害がひどかった。かなり本格的な触覚被害による睡眠妨害があった。

昨日はあれから愛犬の散歩。昨日も一昨日と同様、普段の半分ほどの時間で帰宅。近所の公園で好きな匂い嗅ぎに執心し、好きなだけ夢中になったら、そのまま帰路に着いてしまった。触覚被害による妨害もあるにはあったが、堪え難いほどではなかった。帰宅してから夕飯の準備。浅草で買った鶏肉を使って唐揚げ、イワシも一緒に揚げた。フキノトウも余っていたのでゴボウと一緒に天ぷらにした。あとはキムチや浸し豆を頂く。調理時、食事時共に妨害あり。

深夜はうたた寝ることなく、1時57分には就寝とした。

2時36分に覚醒の強要。次に3時半頃、4時半頃、そして5時20分、ほぼ1時間刻みで覚醒させられる。、右脚への触覚被害も始まり出す。音声送信も始まり、私の身体に関するあらゆることをオレたちが操作している等と、向こうのシルエットである加害者は人工音声を利用し、さも間に人物が実在しているかのような設定をいつものように行い出す。

私ら被害者が強要されている苦しみや被害は伊達ではないのだ。向こうのソレはそれが気が付かないのだろう。気づく必要もないか。

それ以降はまともな睡眠は取れずにうつらうつらしているか、読書をしているかの状態が続いた。面白いのは2日前までの尋常でない倦怠感が無いことだ。普通の疲れ程度の疲れがあるだけだ。本来の疲れの感触だ。

以降も股間などの下半身への触覚被害が続いた。そして8時20分に起床。2日前からは信じられない時間の起床だ。やはり人為操作であることは間違いないようだ。

頭が痒いのですぐにシャワーを浴びた、右膝と尻への触覚被害がかなりひどかった。

それからはいつもの雑事、早く起床できているので余裕をもって取組める。しかし触覚被害や音声送信はいつもと同じくらいのレベルで付きまとってくる。

昼食はサバの干物、キムチ、みそ汁を調理していただきた。特に食事中の触覚被害がひどかった。

午後は江古田まで用事があったのでMTBで往復。以降は細かい雑事を処理していった。屋内外でいろいろとあるのだ。

それらを終わらせてからこれを記している、今日はどういう訳か服を着ながら何とか記せている、しかし右脇の下にはやはりインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっている。

これから愛犬の散歩に出る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3298 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3300 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/69771006

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3299:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3298 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3300 »