« テクノロジー犯罪に遭遇して3327 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3329 »

2017年3月30日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して3328

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

3月30日(木)

18時14分

今日も被害はかなりひどい。臓器や筋肉への痛み攻撃もあったりで普段の猥褻触覚被害に加えて大変である。

昨日はあれから愛犬の散歩。行動はいつもとまったく一緒。近所の公園まで元気よく走り、到着次第匂い嗅ぎに夢中になる。気が済むと帰宅である。妨害はあったものの以前に比べれば随分とこの時間に関しては穏やかになった。帰宅後夕飯の準備。作り置きの惣菜2種、茹で鶏胸肉と葉ネギ、キュウリの和え物、野沢菜と豚肉の炒め物、ホッケの干物焼き等を調理。当然この時間も無事ではない。主に尻や胸への触覚被害だ。

食事時の被害もひどくしつこい。上半身への否応ないひどいものだ。

深夜はうたた寝てしまう、ベッドへの移動は3時43分となった。

8時30分頃に目覚める。ノイズやクズガキ声による被害終焉のデマや戯言。脚への触覚被害が始まり出した。少しうつらうつらし、読書9時22分に起床。

着替えていると尻へのひどい触覚被害が始まる。ノイズや音声送信もいつもと一緒だ。午前は桜台のJAの野菜直売所まで買出し、帰路いくつかの買い物をし帰宅、MTBを使用したが、走行妨害はそれほどでもなかった。

帰宅後昼食の準備。イワシの天ぷらともりそばにした。やはり食事時の触覚被害が大変だ。

午後は今日はデザインは校正待ちなので家のことを片付けていった、今日は屋外で体を動かすことが主だったので、パソコンはだかにはならずに死んだものの、背中の筋肉をずっと痛くされ続けた。

一段落し、これを記している、肝臓にもかなりひどい操作があって驚いた。するといつものしゃがれ声を出して「何で酒が飲めるんだ!」等と操作をし、人工音声を好きに悪用しているだけの加害者。それだけのことだ。人工音声とおりの存在などいるはずがない。単なるマインドコントロールの素材に過ぎない。声だけだ。

ということでパソコン前では上半身はだか。右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、ペニスの先端、右膝への触覚被害に耐えながらこれを記している、これから愛犬の散歩に出る。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3327 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3329 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/70100309

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3328:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3327 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3329 »