« テクノロジー犯罪に遭遇して3365 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3367 »

2017年5月 7日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して3366

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月7日(日)

18時58分

被害は今日もひどい、さらに陰湿だ。

昨日はあれから愛犬の散歩、愛犬の匂い嗅ぎに付き合ってやっている間、妨害に耐え続けた。しかしすぐに帰宅するため以前に比べればそれほど大変な時間ではない。

帰宅後夕飯の準備。浸し豆、ハムとイワシ缶のサラダ、豚肉、竹の子、うど、ピーマンの炒め物を調理。調理時、食事時の妨害はやはりひどかった。しかし晩酌付きにしたので、それほど長く気にしないでいられた。

深夜は2時頃に就寝。

6時55分に覚醒の強要。ノイズが聞こえる、以降浅い眠り。しばらくすると昨日に続き胃への操作が始まる、さらに胃癌で他界した亡父と同じことになる等の脅迫送信もあった。さらに下半身への触覚被害が始まり出した。

10時06分に起床。すぐにいつもの雑事を片付けていく、尻などへの触覚被害もあったが、それ以上に胃への痛み攻撃がひどい。私の場合身体攻撃で特にひどいのは、胸の中心部に強烈なコムラガエリが発生したかのようなつった痛み攻撃があるのだが、その痛みも弱いながら連動した。胃に対しての攻撃をするとそれに伴う形で発生するのだろうか、とにかく午前は特にひどかった。ひたすらバラの世話をする。

昼食はハムサンドを調理しいただいた、それからギターをいじり、14時から下宿スペースの清掃、ここで一度被害は遠のく、終わると再開、しかしこの時間になると普段ほどは被害はひどくないようだった。胃への攻撃も無くなった。清掃を終え、またバラの世話を始め、先ほど終わったところだ。

そしてこれを記している、上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、また胃への弱い攻撃が始まっている、さらに右脚に人肌があたっているような感触にも耐えている。

これから愛犬の散歩に出る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3365 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3367 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/70495438

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3366:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3365 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3367 »