« テクノロジー犯罪に遭遇して3372 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3374 »

2017年5月14日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して3373

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月14日(日)

18時37分

今日も被害は普通に続いている。が、過激なほどのエスカレートはない。

昨日はあれから夕飯の準備、立食で多少は食べきたものの、少し足りなくて夕飯を調理。アルコールも多少入っていたせいで、それほど被害を感じずに済んだ。以降もそんな感じ。しかし食事中は相変わらずしつこい触覚被害を感じた。

深夜はうたた寝ることなく1時56分に就寝。

8時41分に目覚める、今日は目立った睡眠妨害なし。珍しくまとまった睡眠が取れた。以降はうつらうつら、それでもやはり倦怠感と眠気はひどく休んでいたかった。触覚被害が多少あり。10時に義理姉から電話があり、それで起床とした。

電話を終え、着替えていると尻への触覚被害が始まり出す、音声送信もいつもと一緒、しかしそれほどのひどさではない。

そんな中で昨日の雨と風によって荒れてしまった庭と家の周囲の掃除などに追われる、あっという間に昼になる。近所でサンドイッチを買ってそれで昼とした。

午後は下宿スペースの清掃。ここでは触覚被害、音声送信共に遠のく。終えるとまたダラダラと始まり出す。そんな中で、引き続きいつもの清掃作業に取り組み、淡々と進める、こういう間にも身体のさまざまな箇所に触覚被害が続く。右後頭部への不気味な感触、脳の圧迫感もあった、これなどは初期によく強要された被害の一つだ。

バラの世話までを含め、今日も身体を動かしっぱなしになった。それらを終えてからこれを記している。上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら、下半身への触覚被害も続いていて不快だ。

これから愛犬の散歩に出る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3372 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3374 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/70562780

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3373:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3372 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3374 »