« テクノロジー犯罪に遭遇して3375 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3377 »

2017年5月17日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して3376

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月17日(水)

19時01分

被害は今日もひどい。

昨日はあれから愛犬の散歩。やはり公園まで一気に走り、到着すると匂い嗅ぎに夢中になり、動かない状態になると触覚被害がエスカレートする。そしてそれを我慢しなければならなくなる。帰路の途中も何かと立ち止まってはクンクンとやりだす。本当に操作をされているかのように匂いに拘る。

帰宅後夕飯の準備。作り置きの惣菜を盛り、昨日のブリ大根の余りを暖めた。それから麻婆豆腐を作る。調理時にはこの時間特有の触覚被害が続き、食事時も胸や右脇の下や乳首や脚に触覚被害が続く。それも延々とだ。断固として快適な食事時間を与えようとしない。

深夜はうたた寝なく2時40分に就寝。

8時20分に目覚める。すぐに小用に立つ。ノイズが始まっている。疲れが今日もひどい、再び横になってうつらうつら。音声送信はそれほどでもない。9時50分に起床。

すぐにシャワーを浴びる、尻への触覚被害あり。それから着替え、雑事を片付けていくが、触覚被害、音声送信ともにいつものように始まり出しては不快をバラまき続けていた。

今日は会報誌の取材が築地であって、12時には家を出ることになっている。

移動は地下鉄、移動中車内で読書をしていたが、胸への触覚被害が本当にひどく、かなりの読書妨害だった。築地に到着してスタッフの方と一緒になってからは被害は遠のく、昼は一緒に海鮮丼をいただいた。

14時から取材を開始、私は撮影が主な作業で、取材そのものは編集の方が行っていて、しばらくすると手が空いたので取材を横で聞く感じになる、すると触覚被害が尻とかに始まり出した、以降は我慢している以外になかった。

取材を終え、私は帰宅、同じ地下鉄で帰路に着く、やはりひどい読書妨害が続いた。

帰宅すると触覚被害はひどい状態のまま続く、しかしそんなことに構っていられない。家のことで片づけなければならないことが山とあってひたすらそれに専念。途中江古田までMTBで食材の買出し、その際にも右脇の下に触覚被害が強く、かなりの走行妨害となった。とりあえず一段落してからこれを記している。上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚への触覚被害に耐えている、ノイズもうるさい。これから愛犬の散歩に出る。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3375 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3377 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/70592614

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3376:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3375 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3377 »