« テクノロジー犯罪に遭遇して3400 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3402 »

2017年6月11日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して3401

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月11日(日)

18時24分

今日も被害は続いているものの、終日身体を動かしっぱなしなので、それほどのエスカレートはない。

昨日はあれから愛犬の散歩。いつもと同様の展開である。行きは良く走って公園に向かい、匂い嗅ぎに専念し、気が済むと帰宅である。それほどの時間でもなかったし、エスカレートもそれほどではなかったので、何とかなる。

帰宅して夕飯の準備、枝豆を茹で、サーディンサラダをつくり、スーパーで買ったコロッケを盛りキャベツを刻み、手巻き寿司も並べた。結局調理時、食事時共に被害あり、しかし晩酌付きにしたので、しばらくすると酔いでそれほど触覚被害を感じないで済んだ。

やはりかなりくたびれていたようで、書斎のパソコン前で完全にうたた寝てしまう。ベッドへの移動は4時17分だった。

8時半頃に半覚醒状態で目覚めた、そんな状態で夢をみたが、全然面識のない男が登場する夢で、奇妙な感触があった恐らくは人工夢であろう。そして9時46分に電話音で起こされる、無言電話だった。こういう犯罪被害者なだけに、こういう際は不快である。それでも疲れがあったので再び横になってうつらうつら。少し読書もした。10時22分に起床。

すぐに尻への触覚被害が始まりだす、いつもの雑事を片付けてから、すぐに屋上までビワの収穫に行く、巨木といってよいほどの大木になってしまっているので実の数も無数と言ってよいほどで、早めに収穫しないと野鳥の群れが訪れては食い荒らし、庭がゴミ溜めになってしまうのだ。そしてとにかく熟している実を片っ端から収穫して、それを大きなカゴに入れ、門扉横に置いて、町の人々に好き勝手に持って行ってもらっている、毎年好例になっている。

ビワ自体は結構高い果物ということもあるのだろう、すぐに無くなってしまう、するとまた収穫、結局今日は4回の収穫になった。大きなカゴ8杯分が消えてしまった。しかしまだまだ序の口程度で、明日からしばらく合間を見て収穫することになりそうだ。これは見事な肉体労働で、さらに高所での作業でもあって、おかげで触覚被害からはかなり解放される、さらに今日は午後は下宿スペースの清掃もあってここでも被害からは遠のけた。唯一休み時間だけは、いつもの猥褻触覚被害があった。

それとこれを記している今はさすがに下半身への触覚被害がひどい。今日も疲れた。でも健全な疲れだ。これから愛犬の散歩に出る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3400 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3402 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/70831483

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3401:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3400 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3402 »