« テクノロジー犯罪に遭遇して3402 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3404 »

2017年6月13日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して3403

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月13日(火)

18時49分

今日も被害は続いている。一度エスカレートすると際限がなくて大変だ。

昨日はあれから友人から電話が入り少し待つことになった。実は庭で収穫したビワを渡すために待つことになった。19時15分頃に無事に渡し、それから愛犬の散歩に出た。展開はいつもとまったく一緒、触覚被害はそれほどでもなかったので、まだ良かったものの、本当に快適からはほど遠い。触覚被害そのものは強くはないもののあることには変わりがない。

帰宅後夕飯の準備。枝豆を茹で、オイルサーディンが作り置きであるので、それと数種の野菜をミックスしたオニオンサラダをつくり、ロースターでスペアリブと野菜を焼いた。それと友人が買ってきてくれたパンを楽しんだ。調理時食事時共に不快な触覚被害が続く、しかし昨晩はいつもに比べれば穏やかだったように思う。

やはり疲れていたのだろう。うたた寝てしまい就寝時間の記録を忘れたようだ。

7時56分に覚醒の強要。ノイズが聞こえる。

次は9時50分頃に目覚める、音声送信が多少ある程度、疲れがひどい。しかし起きなければならない。10時に起床。すぐに着替え雑事片付け。今日は肌寒いうえに雨だ。予定していた屋外での肉体作業が中止になってしまった。ということで屋内での身の回りの雑事を片付けていくことにした。触覚被害と音声送信はコンスタントに続いているものの、無軌道なほどではない。

しかしパソコン前では断固として上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの作業となった。

昼はカレーうどんを調理。食事時における被害もいつもと一緒である。

午後はやはり午前の続き、途中終日屋内にいるのも嫌だったので、少し傘をさしながら外を歩いてきた。帰宅するといきなり触覚被害がエスカレートしだし、かなりのストレスに耐えることになった。しばらくして収まったものの、一体これはいつまで続くのか、やはり考えてしまう。

ネットで調べごとをしたりしていると雨も弱まり、少しだけ屋外での作業を行い、それからこれを記している。まだ小雨が降っているし、至る所が濡れているので散歩は中止にし夕飯の準備に取りかかる。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3402 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3404 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/70851826

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3403:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3402 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3404 »