« テクノロジー犯罪に遭遇して3405 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3407 »

2017年6月16日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して3406

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月16日(金)

19時25分

今日も被害はひどい。今日は南麻布までクロスバイクで往復したのだが、状況に関係なく右脇の下に触覚被害が集中した。

昨日はあれから愛犬の散歩。普段と同じ展開となった。妨害もそれほどのレベルではなかった。

帰宅後は乾きものを少し食べながらTV鑑賞とギターいじりをして過ごす、こんなふうに好きにしていると被害レベルは落ちる。ということで昨日に関しては特に記すことはない。深夜はうたた寝てしまう、ベッドへの移動は4時。しかし何か寝付けず、4時半頃にやっと寝付いたようだった。

9時半頃に目覚める。ノイズや介入音声あり。疲れがやはりひどい。以降うつらうつら。10時10分に起床。

すぐに雑事片付け、触覚被害と音声送信はいつもと一緒。今日は南麻布まで伯母に会いに行くことにしていて、その準備を速やかに済ませ11時過ぎに家を出た。クロスバイクを利用、数分もすると右脇の下にいつもの走行妨害が始まりだし、以降は60分の走行中ほとんどこの苦痛に耐えていなければならなかった。渋谷より南へのほとんど行く機会がないので、少し道に迷ってしまった。途中南麻布でラーメンで昼食。混雑している店だったので大した妨害はなし。目的地に到着し、伯母と会い話始めると被害はウソのように消えた。以降2時間半ほど談笑した。本当に久しぶりだったので、長話になった。

帰路も相当の触覚被害に見舞われながらの運転となった。音声送信もバカばかりのどうしようもならないもので、右から左に流していく以外になかった。ひたすら右脇の下に触覚被害が集中した。大変な思いで帰宅し、これを記している。上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み右脚への触覚被害に耐えている。ノイズも途切れない。これから愛犬の散歩に出る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3405 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3407 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/70881350

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3406:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3405 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3407 »